ヤマダ電機の通販サイトに不正アクセス!クレジットカード情報、約3.8万件が流出の可能性 | RBB TODAY

ヤマダ電機の通販サイトに不正アクセス!クレジットカード情報、約3.8万件が流出の可能性

ヤマダ電機は29日、同社が運営する通販サイト「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」において、不正アクセスがあったこと、およびクレジットカード情報が最大37,832件流出した可能性があることを発表した。

IT・デジタル その他
 ヤマダ電機は29日、同社が運営する通販サイト「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」において、不正アクセスがあったこと、およびクレジットカード情報が最大37,832件流出した可能性があることを発表した。

【PR】ビジネスマンの出張に!ひとり旅 空室カレンダー

 同社によれば、本事案は4月16日に判明。その後、調査を経て4月26日時点で同サイト上での新規クレジットカード登録、クレジットカード登録の変更を停止。同時に、第三者調査機関であるP.C.F.FRONTEOによる調査も開始したという。

 そして5月20日、調査が完了し、同サイトで3月18日から4月26日の期間に新規クレジットカード登録、またはカード情報の変更をしたユーザーのレジットカード情報(クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコード)が流出し、一部ユーザーのクレジットカード情報が不正利用された可能性があることも確認したという。

 4月16日時点で判明していたにも関わらず、公表が遅れた理由については、「正確な状況を把握しない段階で公表することは却って混乱を招くこととなる」と説明。ユーザーに対しては、クレジットカードの利用明細書に身に覚えのない請求項目がないか確認を呼びかけ。身に覚えのない請求項目の記載があった場合は、クレジットカード会社に問い合わせてほしいと伝えている。
《KT》

関連ニュース

page top