山下智久主演ドラマ『インハンド』第一話に風間杜夫の出演が決定 | RBB TODAY

山下智久主演ドラマ『インハンド』第一話に風間杜夫の出演が決定

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
 4月12日よる10時スタートのドラマ『インハンド』(TBS系)で、第一話のゲストに風間杜夫の出演が決まった。


 原作は、朱戸アオの『インハンド』(講談社『イブニング』連載中)。山下演じる主人公・紐倉哲は、寄生虫を専門とする天才科学者。無愛想でドSな変わり者。植物園を買い取って巨大温室を研究所兼自宅とし、さまざまな動物たちと暮らしている。紐倉は 右手に黒いロボットハンドのような義手を装着している。だが、義手になった経緯は明かそうとしない。そんな変人であり天才の紐倉博士が、次々と巻き起こる難事件をあっと驚く科学的な方法で鮮やかに解決していく。

 そんなドラマで風間が演じるのは、シャーガス病という未知の感染病で一人娘を亡くした江里口新。10年前、ある食品会社が発売した特定保健用食品のオイルが、日本では滅多に見られないシャーガス病を引き起こし複数の死者を出した。皮膚炎に悩んでいた江里口の娘は、藁をもつかむ思いでそのオイルを使用したところシャーガス病に感染。そして、それを苦に自殺した。それから10年が経ち、新たにシャーガス病に感染した疑いのある患者が相次いで死亡するという事件が発生。山下演じる紐倉たちは、被害者遺族の一人である江里口の元を訪ねる。

 また、今回、同ドラマの脇を固めるレギュラー陣も続々決定。菜々緒演じる牧野が務めるサイエンス・メディカル対策室が属する内閣官房の副長官補・山崎裕役に田口トモロヲ、危機管理官・大谷透役に松尾貴史、厚生労働省の医 政局長・瀬川幹夫役を利重剛が務める。

 ドラマ『インハンド』(TBS系)は、4月12日よる10時スタート。
《KT》

関連ニュース

page top