大泉洋、7月スタート新ドラマ主演決定!池井戸作品でラグビー部の再建目指す | RBB TODAY

大泉洋、7月スタート新ドラマ主演決定!池井戸作品でラグビー部の再建目指す

TBSは、7月スタートの新ドラマとして『ノーサイド(仮)』(毎週日曜よる9時~)を放送すると発表した。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
 TBSは、7月スタートの新ドラマとして『ノーサイド(仮)』(毎週日曜よる9時~)を放送すると発表した。


 同ドラマの原作は、池井戸潤の同名小説で、今夏刊行予定となる書きおろしの新作。主演をつとめるのは、大泉洋。大泉がTBSドラマで主演をつとめるのは初のことだ。大泉が同ドラマで演じるのは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち、幹部候補と言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で地方の工場に総務部長として赴任することになる。さらに、そこでは、トキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のGMをつとめることに。チーム再建という重荷を課せられた君嶋が、低迷チームの再起をかけて戦う。

 主演が決まった大泉は、「私自身も今まで放送されてきた数々の池井戸作品のファンでありましたので、その池井戸さんの新作ドラマで主演させていただくのはとても嬉しく、光栄であります」と喜びをコメント。さらに、「日本でラグビーのワールドカップが開催されるという年に書き下ろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を、読者として純粋に楽しみにもしています。絶対面白いでしょ!!」と語っている。

 大泉洋主演ドラマ『ノーサイド(仮)』は、7月スタート。毎週日曜よる9時から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top