千原ジュニア、悩める子どもたちにメッセージ「人生はシーンではない、ストーリーで見て」 | RBB TODAY

千原ジュニア、悩める子どもたちにメッセージ「人生はシーンではない、ストーリーで見て」

千原ジュニアが、9日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演。自身の人生経験から、様々なことで悩む今の子どもたちにあるメッセージを呼びかけた。

エンタメ その他
千原ジュニア(千原兄弟)【撮影:小宮山あきの】
  • 千原ジュニア(千原兄弟)【撮影:小宮山あきの】
 千原ジュニアが、9日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演。自身の人生経験から、様々なことで悩む今の子どもたちにあるメッセージを呼びかけた。


 14歳のとき、猛勉強の末に私立中学に合格したものの、周りの環境になじめず約1年間引きこもりに。祖母とゲートボールをするなどして過ごしていたが、兄せいじの誘いで15歳で「千原兄弟」として吉本興業に入ると、人気沸騰。

 東京進出後、一時は低迷したものの、ジュニアの独特のセンス、せいじの奔放なキャラクターが認知されバラエティ番組を席巻。ジュニアは2015年9月に一般女性と結婚。201712月に第一子男児が誕生している。

 これまでの人生を笑いをまじえながら語った番組ラスト。阿川佐和子から「今、先を見失っている子どもたちに一言」と求められたジュニアは、「シーン、シーンで見てしまうと思うんですよ。“今がすべて”みたいな」と切り出し、「ストーリーで見ると、(その一瞬は)ホンマ、こんなんやから」と、指でその短さを表した。

 その上で、「めちゃくちゃ美味しいものも、めちゃくちゃ楽しいことも、めちゃくちゃ気持ちエエこともあるからっていうことですねぇ」としみじみ。「今はこんな感じの距離感で見てしまう」と、目先のことにとらわれがちと述べながら、「引きでみると、こんなところで(人生)辞めてられへんわみたいな」と語り聞かせていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top