「テラハ」の“毒舌美女”小室安未が一日消防署長、性格は「面倒くさい」と自己分析 | RBB TODAY

「テラハ」の“毒舌美女”小室安未が一日消防署長、性格は「面倒くさい」と自己分析

女優の小室安未が25日、帝釈天題経寺(東京・葛飾区)にて行われた消防演習に参加し、東京消防庁・金町消防署の一日消防署長を務めた。

エンタメ その他
小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
  • 小室安未【写真:竹内みちまろ】
 女優の小室安未が25日、帝釈天題経寺(東京・葛飾区)にて行われた消防演習に参加し、東京消防庁・金町消防署の一日消防署長を務めた。

 小室は、人気恋愛リアリティーショー「テラスハウス」の最新シーズン「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」に女子大生として出演。可愛らしいルックスと、“毒舌”とも言われるストレートな物言いで、同世代の女性を中心に大きな支持を得てブレイク。現在は、女優やモデルとして活躍している。







 この日は、東京都選定歴史的建造物に指定され、映画「男はつらいよ」シリーズの舞台などでお馴染みの柴又帝釈天題経寺にて、消防演習が行われた。一日消防署長に任命された小室は、消防隊を指揮して、訓練火災を消し止めた。



 演習を終えた小室は、「一日消防署長などはテレビや新聞で見ていました。実際に自分が経験できるとは思っていなかったので、嬉しかったです」と声を弾ませた。制服を着て一日署長などを務めたのは初めてだそうで、「気が引き締まります」と感想と言葉に。



 1月19日に22歳になった小室は、この春に大学を卒業する。大学卒業後にやってみたいことを尋ねられると、「『色々なジャンルで成長できるようになりたい』ということが一番の目標です。今日、一日消防署長をやらせて頂きました。欲を言えば、始球式などができたらいいなと思いました。全力で、真剣に投げたいです」と期待に胸を膨らませた。「今一番、頑張りたいのは演技です。演技がもっと上手にできるようになればいいなと思っています。頑張って練習をしています」と続けた。



 「テラスハウス」では毒舌ぶりで話題を呼んだ小室だが、「(普段から)『毒舌だね』と言われていなかったわけではなかったので、『やっぱり言われたな』という感じです(笑)」と苦笑い。自分の性格を「思ったことをすぐに言ってしまうし、オブラートにモノを包めないのですが、後々後悔して、ネガティブになって…、という面倒くさい性格だと思います」と自己分析した。

 そんな小室は「どんな女性になりたい?」との質問されると、「清楚になりたいわけではないのですが、昔よりも品のある感じになりたいです」と目を輝かせた。ただ、「毒舌は封印?」と突っ込まれると、「毒舌は封印できないと思います。性格なので」と笑顔を浮かべた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top