映画『コンフィデンスマンJP』に、竹内結子、三浦春馬、江口洋介ら新キャスト | RBB TODAY

映画『コンフィデンスマンJP』に、竹内結子、三浦春馬、江口洋介ら新キャスト

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会
  • (c)2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会
  • (c)2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会
 5月17日公開の映画『コンフィデンスマンJP』に、竹内結子、三浦春馬、江口洋介が出演することが新たに発表された。また、このほど、最新予告映像も解禁されている。


 同作は、『ミックス。』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『リーガル・ハイ』などを手掛けた脚本家・古沢良太によるオリジナルのテレビドラマとして人気を博した2018年4月期の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化作品。常識はずれの天才詐欺師“ダー子”(長澤まさみ)、お人好しな詐欺師“ボクちゃん”(東出昌大)、ベテラン詐欺師“リチャード”(小日向文世)ら3人の信用詐欺師たちが、あらゆる業界を舞台に欲望にまみれた人間からお金をだまし取る。

 そんな同作で、竹内は香港マフィアの女帝“ラン・リウ”役に決定。世界最高のダイヤを所有し、冷酷非情な性格から“氷姫”の異名を持つミステリアスな女性を演じる。その香港マフィアの女帝が所有するダイヤを狙う天才恋愛詐欺師“ジェシー役”を演じるのは、三浦春馬。同作では“天才恋愛詐欺師”の異名を持ち、持ち前の恋の駆け引きの上手さで、ダー子や香港の女帝に揺さぶりをかけていく。そしてドラマ第1話にて、ダー子達に20億を騙しとられ復讐に燃える公益財団「あかぼし」の会長“赤星栄介”を演じるのは江口洋介。伝説のダイヤを巡る心理戦・壮大なスケールの騙し合いに注目だ。

 そして、解禁された予告映像は、「コンフィデンスマンの世界へようこそ」というセリフでスタート。主人公の天才詐欺師・ダー子に、天才「恋愛」詐欺師“ジェシー”(三浦春馬)が接近。ダー子と過去に何らかの因縁があるジェシーと、ボクちゃん・リチャードら仲間との狭間で、気持ちが揺れるダー子の姿が描いる。そしてダー子らにかつて大金を騙し取られ、3人への復讐心に燃える“赤星栄介”(江口洋介)が現れ...。

 出演が決まった竹内は、「ドラマ版から続いて騙されていくその展開の面白さと、演じている私自身も結末がどうなるか分からないという快感の渦の中に、一緒に飲み込まれていく楽しさが映画『コンフィデンスマンJP』一番の魅力だと思います。ぜひ私と一緒に劇場で騙されてください!」と呼びかけ。三浦は、「かなりエッジの効いた規格外の大どんでん返しが最後に待っていますので、是非そのどんでん返しを楽しみに、公開を待っていただければと思います」と同作の見どころを語り、江口は「騙すか騙されるか、勝つのは誰か。最後の最後まで引っ張って、「やられた!!」とお客さんが思うようなものになっていますので、ぜひ劇場で観て頂きたいと思います」と呼び掛けている。

 映画『コンフィデンスマンJP』は、5月17日公開。

《KT》

関連ニュース

page top