ビートたけし、阿川佐和子とトーク!小説を書くようになった理由明かす | RBB TODAY

ビートたけし、阿川佐和子とトーク!小説を書くようになった理由明かす

12月1日あさ7時から放送の『サワコの朝』(TBS・MBS)には、ゲストにビートたけしが登場する。

エンタメ その他
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 12月1日あさ7時から放送の『サワコの朝』(TBS・MBS)には、ゲストにビートたけしが登場する。


 ゲストのビートたけしは、番組の100回記念で登場して以来、5年ぶりの登場。俳優、映画監督、画家など、マルチな才能で輝き続けるビートたけしが、今一番力をいれているジャンルといえば「小説」。実はこれまで100冊以上の著書を発行しているたけしだが、又吉直樹の芥川賞受賞に刺激され、従来の口述筆記スタイルから自分で文章を書くスタイルに変更したと話す。

 2017年に初の恋愛小説「アナログ」を出版すると、今年は「キャバレー」がオール讀物に掲載、さらに「ゴンちゃん、またね。」「フランス座(12月出版予定)」など、次々に小説作品を世に送り出している。今は時間さえあれば、ずっと小説を書くことに使っているそうだ。たけしは、そもそも、なぜ小説を書くようになったのか。新しい挑戦をやめない好奇心の源にサワコが迫る。

 「記憶の中で今もきらめく1曲」は、玉置浩二の「田園」。最近は歌詞をアレンジして歌うそうで...サワコも大爆笑したたけし流「田園」の歌詞にもご注目だ。『サワコの朝』(TBS・MBS)は、12月1日あさ7時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top