「お茶」テーマの新ブティックホテル「ホテル1899東京」が東京新橋に12月1日オープン | RBB TODAY

「お茶」テーマの新ブティックホテル「ホテル1899東京」が東京新橋に12月1日オープン

ホテル運営の老舗「龍名館」は、「お茶」をテーマにしたブティックホテル、「ホテル1899東京」を、新橋・虎ノ門エリアに、12月1日よりオープンする。

ライフ その他
「お茶」テーマの新ブティックホテル「ホテル1899東京」が東京新橋に12月1日オープン
  • 「お茶」テーマの新ブティックホテル「ホテル1899東京」が東京新橋に12月1日オープン
  • 「お茶」テーマの新ブティックホテル「ホテル1899東京」が東京新橋に12月1日オープン
  • 「お茶」テーマの新ブティックホテル「ホテル1899東京」が東京新橋に12月1日オープン
 ホテル運営の老舗「龍名館」は、「お茶」をテーマにしたブティックホテル、「ホテル1899東京」を、新橋・虎ノ門エリアに、12月1日よりオープンする。


 新ホテルの敷地面積は約370平米で、地上9階建て(延べ床面積約2400平米)、客室数は63室。1階には、抹茶やほうじ茶を使った和洋の惣菜を提供する、「日本茶」をテーマにしたレストラン&デリカテッセン「DELI&BAR1899 東京」を開業。ディナー営業は12月20日から、ランチとカフェ営業は、2019年1月16日からスタートする。

 建物全体のデザインコンセプトは「現代的に解釈された茶屋体験」で、世界的な建築デザイン会社(ゲンスラー・アンド・アソシエイツ・インターナショナル・リミテッド)が担当。63室の客室(3F-9F)は、「茶屋をイメージした庵」をコンセプトにした、個性的な4種のデザイナーズルームが用意され、部屋タイプは2人1室のダブル(18~20平米)とツインルーム(33.6平米)が展開される。うち35の客室(「スーペリアダブルA -IORI-」と「コーナーデラックスツイン」)には、縁側に見立てたベンチソファも設置されるという。客室には4種の日本茶が置かれるので、旅や仕事の疲れを癒やすことも可能だ。

 場所は、銀座・六本木・丸の内など、人気の観光地に近い好立地となる。ターゲットとなるのは、国内利用(観光、ビジネス)、インバウンドの双方。「ホテル1899東京」は、12月1日オープン。
《KT》

関連ニュース

page top