平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ | RBB TODAY

平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ

新アイドルグループ「Lily of the valley」が10月14日、大阪HMV&BOOKS SHINSAIBASHIにてデビューライブを行った。

エンタメ 音楽
平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
  • 平均年齢13.8歳!新アイドルグループ「Lily of the valley」がデビューライブ
 新アイドルグループ「Lily of the valley」が10月14日、大阪HMV&BOOKS SHINSAIBASHIにてデビューライブを行った。


 Lily of the valleyは、平成最後の年に誕生した、平均年齢13.8歳の新アイドルグループ。デビュー前からSNSでメンバー発表などを行い、「メンバーが可愛すぎる」「神グループが出来た」など話題になっていたが、満を持してのデビューとなった。

 2部制で開催されたデビューライブは、両部ともに会場に収まりきらないほど大勢のファンが集結。メンバーは、西村津希乃(11)、沢村りさ(14)、夏目咲莉愛(14)、宮丸くるみ(15)、尾野寺みさ(15)の5人で、最年少の西村は、なんとまだ小学6年生。所属事務所内外から多くの候補者が居た中、オーディションにて最終審査まで残された後、選考に選考を重ねて選ばれた精鋭5名で結成された。

 ステージへ登場した5名は、1曲目で「エールの言葉」を披露。アップテンポな応援ソングで、初披露にも関わらず会場中を沸かせた。その後、MCにて自己紹介を行い、続けて沢村のソロから始まる2曲目「オレンジ」を披露。「前を向いて歩んで行こう」という前向きな歌詞の友情ソングで、スタートを切ったばかりの彼女たちのやる気や決意を、歌にのせた。

 2曲披露後、デビューライブの感想を1人ずつ述べるシーンでは、感極まって泣き出す宮丸と、それにつられて泣き出す沢村を横目に、最年少・西村が「まあ、温かい目で見守ってあげてください」とコメントし、会場中を笑わせた。

 今後は、11月18日に代官山SPACE ODDにて初のワンマンライブの開催も発表。来場者には、ワンマンライブ記念限定Tシャツが配布される。また、10月21日には、ヴィレッジヴァンガード渋谷店にて、東京でのお披露目ライブも控えているなど、その活動に注目だ。
《KT》

関連ニュース

page top