小倉優子、消したい記憶について問われ「こりん星を消したいです」 | RBB TODAY

小倉優子、消したい記憶について問われ「こりん星を消したいです」

Netflixオリジナル映画『ネクスト ロボ』の全世界独占配信を記念し、iTSCOM STUDIO & HALL(東京都)にてプレミア上映会が開催。イベントには、主人公メイのペット、犬のモモ役として声優を務めた劇団ひとりと、小倉優子が登壇した。

エンタメ 映画・ドラマ
小倉優子、消したい記憶について問われ「こりん星を消したいです」
  • 小倉優子、消したい記憶について問われ「こりん星を消したいです」
  • 小倉優子、消したい記憶について問われ「こりん星を消したいです」
  • 小倉優子、消したい記憶について問われ「こりん星を消したいです」
 孤独な少女メイと勇敢でピュアな戦闘用ロボット7723の絆と冒険を描いたNetflixオリジナル映画『ネクスト ロボ』は、9月7日より世界190ヶ国にて独占配信中。このほど、全世界独占配信を記念し、iTSCOM STUDIO & HALL(東京都)にてプレミア上映会が開催。イベントには、主人公メイのペット、犬のモモ役として声優を務めた劇団ひとりと、小倉優子が登壇した。

 イベントがスタートすると、まずは劇団ひとりが登場。これまでも吹き替え経験はあったが、犬の鳴き声の声帯模写に挑戦したのは今回が初であることを明かした。モモを演じた感想について劇団ひとりは、「セリフのパートは早く終わったんですが、7割が鳴き声で大変!吹き替えの監督さんもこだわりが強い方で、『こんなにリアルさを求めるなら、本当の犬を使えばいいじゃないか!』と思いました」と冗談混じりで収録を振り返った。また、「家で練習していると家族の視線も冷たいし、ご近所迷惑なので、夜に車を路肩に停めてワンワンやってました。職質されなくてよかったです(笑)」と裏話も披露し、さっそく会場を沸かせていた。さらに、会場には小倉優子が登場。「作品を面白いと思っている、いち視聴者として今日は来ました。すごく楽しかったです。最後までかぶりついて観れますね!」と興奮気味に感想をコメントした。

 続いて、物語の中で、主人公・メイと出会うピュアな戦闘ロボット・7723が、故障のためメモリーに限りがあり、毎晩消す記憶を選ばなければならないことに絡め、消したい記憶についてトーク。小倉は「感謝もしているけど、こりん星を消したいです。子供に『嘘ついちゃダメ』って教えるじゃないですか。いつか『お母さんだって嘘ついてるじゃん!』って言われそうで」と、恥ずかしげにコメント。そこにすかさず劇団ひとりが「それってゆうこりんはこりん星のこと忘れるけど、周りは憶えてるからね(笑)」とツッコみ、再び観客の笑いを取っていた。

 また、メイと7723のような、思いがけない出会いから生まれた絆について小倉は「ギャル曽根さんとすごく仲が良くて、しょっちゅう連絡して食事も行っています。仕事の食事会で出会ったのですが、ママ友であり友達であり、仕事仲間。こんなに仲良くなるなんて思ってもみなかったです」とコメント。ここに劇団ひとりが「ギャル曽根と食事の量合わないでしょ!」とツッコむと、「私はちょっとずつ色々食べれるから楽しいです」と、意外な嬉しい特典を明かした。

 さらに、9月14日から17日まで、二子玉川ライズ中央広場で「Netflix ネクスト ロボ ファミリーパーク」が開催されるが、イベントの前にファミリーパークを体験した劇団ひとりと小倉が、アトラクションを紹介。まず、ARグラスをつけて、劇中のキャラとのバトルが楽しめる「ネクスト ロボ バトル」を体験した劇団ひとりは、「広場の中に実際に敵のロボットが居るみたい。いや、あれは居ましたね!」と、最新テクノロジーを駆使したアトラクションに、感心しきり。その様子を見ていた小倉も「うちの子たちも絶対好きだと思う!」と興奮気味だった。続いて、同作のキャラクターの塗り絵をスキャンするとスクリーンの中で動き回る、「動くロボット塗り絵!」について、小倉は「自分が塗ったキャラクターが動いてくれるのが嬉しい」と、オリジナルのキャラクターを作って、動かすことができる楽しさをアピールした。

 最後にこれから作品を観る観客に向け、小倉は「大人もお子さんも楽しめて、何度も観れる作品なので、どうぞ楽しんでください」と作品をプッシュ。劇団ひとりも「面白いので多くの人に観て欲しいですね。ファミリーパークにもご近所の方も誘って遊んでもらって、そしたらぜひ本作も観て下さい」と熱くアピールし、会場を後にしていた。
《KT》

関連ニュース

page top