ひょっこりはん、収入100倍で嬉しい悲鳴 | RBB TODAY

ひょっこりはん、収入100倍で嬉しい悲鳴

お笑い芸人のひょっこりはんが27日、都内で行われた『ひょっこりはんをさがせ!』刊行記念握手&撮影会イベントに出席した。

エンタメ その他
ひょっこりはん【錦怜那】
  • ひょっこりはん【錦怜那】
  • ひょっこりはん【錦怜那】
  • ひょっこりはん【錦怜那】
  • ひょっこりはん【錦怜那】
 お笑い芸人のひょっこりはんが27日、都内で行われた『ひょっこりはんをさがせ!』刊行記念握手&撮影会イベントに出席した。

 本作は世界一周旅行をテーマに、イラストの中に隠れたひょっこりはんを探して遊ぶ絵本で、ひょっこりはんは「いろんな国の誰もが知っている世界遺産がある場所でひょっこりしたかったので、僕の夢を落とし込みました」と説明。

 1987年にイギリスで誕生し、日本でも一大ブームを巻き起こした絵本「ウォーリーをさがせ!」リシーズを彷彿とさせる仕様で、最近は芸人の権利問題が取り沙汰されたこともあるが「何重にも確認しました。バッチリなので安心して買っていただいて」とアピールした。

 また、本家は全世界でのシリーズ累計発行部数が6500万部に達していることから目標を尋ねられると、「1億くらいですかね」と笑いつつ、「シリーズ化できるならぜひ!ネタ以外でもひょっこりはんを楽しんでもらえたら」と呼び掛けた。

 そんなひょっこりはんは、音楽に合わせてさまざまな物陰からひょっこりと顔を出す芸で一躍人気者となり、「ずっとがむしゃらにやってきて、ほぼゼロだった仕事が一気に休みがないくらいになったので、感覚がわからなくなっています。何が寝不足で、何が風邪なのか、どこまでが体調不良なのかがわからなくなっています」と嬉しい悲鳴をあげる場面も。収入は「あの頃から考えると100倍くらいになっていると思います」と明かすと、「あの頃がわからないと思いますが、想像を絶する過去があったのでそれと比べれば」としみじみと語った。

 しかし、大金の使い道は「わからない」ようで、最近の一番大きな買い物については、「いろんなところからひょっこりできるように360度カメラを買いました。5万円くらいしました」と報告。「3時間くらいビックカメラで悩みました。ずっと『どうしよう…』とウロウロしながら」と一大決心だったことも打ち明けると、SNS用の動画制作に使用し、「ちょこちょこアップしています」と満足気な表情を見せた。

 彼女の存在を公にしているひょっこりはんは、「外食でいいところに“ひょっこりちゃん”と行くようになりました」とも話すと、「(結婚)指輪も作れればいいですね。後々そうなればいいなと思います」と期待を込めた。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top