『義母と娘のブルース』の舞台は10年後に!上白石萌歌が娘役 | RBB TODAY

『義母と娘のブルース』の舞台は10年後に!上白石萌歌が娘役

8月14日よる10時からは、『義母と娘のブルース』(TBS系)の第6話が放送される。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 8月14日よる10時からは、『義母と娘のブルース』(TBS系)の第6話が放送される。

 同ドラマの原作は、2009年から4コマコミック誌「主任がゆく!スペシャル」(ぶんか社)で連載されていた桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語だ。

 同日放送では、いよいよ第2章がスタートする。小さな奇跡を拾い集めながら暮らした宮本家のみゆき(上白石萌歌)と亜希子(綾瀬はるか)は、互いを「お母さん」「みゆき」と呼び合うように。また、みゆきは、箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけという亜希子の教えを守り、教師からも一目おかれるような高校3年生に成長していた。 そんなある日、スーパーで働くママ友の晴美(奥貫薫)からお買い得情報が入り買い物に行った亜希子は、みゆきの大学進学に関して聞かれる。 大学は青春を謳歌するために行くのだから受かったところで良いと考えていた亜希子は、「今は将来何をしたいか、そのためにどこに行ったらいいのか考えて受験する」と晴美から諭される。

 一方、みゆきは、いい大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じ、そのためにもいい大学を受験しようと気持ちは逸るのだが、テストの成績は伸び悩んでいた。晴美の勧めもあって、亜希子はみゆきが自分の将来についてどのように考えているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのか聞いてみると、できればお母さんのようになりたいと言うみゆき。 それは、昔の亜希子の姿でもある企業の営業職かと尋ねると、現在亜希子がしているデイトレードのことだった。

 親にとって大切なのは子供を温かく見守っていることだと思っている亜希子は、貯蓄をベースに不足分を投資のリターンで補う形で暮らしてきたのだが、それはみゆきにとっては、楽して儲けていく道があると錯覚させてしまっていたようだ。 それに気付いた亜希子は、仕事の尊さをみゆきに分かってもらおうと、一念発起し再就職をすることを決意。その就職先とは?

 『義母と娘のブルース』の第6話は、TBS系で8月14日よる10時から放送。

《KT》

関連ニュース

page top