池井戸潤作品『空飛ぶタイヤ』が今週末公開!これまで&今作の悪役を振り返る | RBB TODAY

池井戸潤作品『空飛ぶタイヤ』が今週末公開!これまで&今作の悪役を振り返る

エンタメ 映画・ドラマ

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
 池井戸潤の同名小説の映画化作品『空飛ぶタイヤ』が6月15日に公開となる。池井戸作品といえば、主人公の熱さ、正義に加え、その悪役キャラクターの存在にも注目が集まるが、今回はこれまでの作品から選りすぐりの悪役キャラを紹介する。

 まずは、社会現象にもなった、ドラマ『半沢直樹』(TBS)。主人公である有能な銀行マン・半沢直樹扮する堺雅人の前に立ちはだかるのは、オネエ言葉のエリート国税局査察部統括官・黒崎駿一扮する片岡愛之助と、東京中央銀行最年少常務に抜擢された大和田暁扮する香川照之。冷静沈着で容赦なく部下を切り捨てる大和田を演じた香川は、ラストシーンでの部下に土下座をする場面で、圧巻の演技を見せ、視聴者も息をのんでテレビを見つめるほどだった。

 次に、阿部寛が主演を務めたドラマ『下町ロケット』(TBS)。同作は「ロケット編」「ガウディ編」の2部構成となっており、「ガウディ編」で小泉孝太郎と篠井英介が出演し、圧巻のヒールっぷりを披露していた。阿部演じる、小型エンジンを開発・販売する佃製作所の二代目社長・佃航平を、佃製作所をライバル視するサヤマ製作所2代目社長・椎名直之を演じたのが小泉。あの手この手で佃の邪魔をし、全てを手に入れようとする椎名の貪欲さに視聴者は「憎々しい!」と話題となった。また、篠井が演じるPMEA(劇中の架空の団体)の専門員で「ガウディ」の審査チームである滝川信二は、審査員という立場を利用しネチネチと言いたい放題な、小憎らしい悪役を熱演した。

 さらに、昨年10月期に放送されたドラマ『陸王』。同作で悪役キャラを務めたのが、ピエール瀧と芸人の小藪千豊だ。ピエール瀧は、老舗足袋業者「こはぜ屋」4代目社長の宮沢紘一(役所広司)を潰そうと企てる、米国一のスポーツメーカー「アトランティス」日本支社営業部長・小原賢治を演じた。データ主義で簡単に部下を切り捨てる冷徹な男を持ち前の強面と演技力で見事に演じ切ったことは記憶に新しい。さらに小藪も芸人でありながら、小原にゴマをする腰巾着のような部下・佐山淳司を見事に演じきった。

 そして、今回の映画『空飛ぶタイヤ』でもヒール役に注目が集まる。同作の主人公である、長瀬智也扮する赤松運送会社社長・赤松徳郎が立ち向かうのは、ディーン・フジオカ扮する沢田悠太が勤める大手自動車会社・ホープ自動車。大企業の“リコール隠し”が題材となっている本作で、圧倒的“ヒール”として大企業を牛耳っているのが、岸部一徳扮するホープ自動車常務取締役・狩野威だ。同作で岸部はどこか不気味な演技が存在感を放っており、不正を隠ぺいするため邪魔者を静かに排除する。不敵に笑う“ラスボス”の姿に視聴者は肝を冷やすだろう。はたして長瀬演じる熱い男・赤松は、この最強の“ヒール”にどう立ち向かうのだろうか。映画『空飛ぶタイヤ』は、6月15日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top