安藤忠雄、ガンで5つの臓器摘出も前に進む理由「まだまだやることがある」 | RBB TODAY

安藤忠雄、ガンで5つの臓器摘出も前に進む理由「まだまだやることがある」

建築家の安藤忠雄が3日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、ガンに2度侵され、臓器を5つ摘出後も前向きでいられる理由を語った。

エンタメ その他
安藤忠雄(C)Getty Images
  • 安藤忠雄(C)Getty Images
 建築家の安藤忠雄が3日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、ガンに2度侵され、臓器を5つ摘出後も前向きでいられる理由を語った。

 東急東横線渋谷駅や表参道ヒルズなど有名建築を手がけ、76歳の今も現役で活躍している安藤だが、実は過去2回、ガンに侵された経験があるという。2009年に胆嚢・胆管・十二指腸にがんが見つかり全摘。2014年には膵臓と脾臓も摘出。合計5つの臓器を摘出している。

 これについて安藤は、「まだまだ私にはやることがあるから」と、請け負っている仕事をまっとうしたいと言及。「希望があったら生きていけるもんですね」と語った。さらに食べ物を消化する役割を担う膵臓を摘出してから4年経過するが、下痢や便秘といった症状もないと言う。

 最近、なぜか中国から「安藤さんしかいない」と依頼が相次いでいるという安藤。クライアントに理由を聞くと、「安藤さんみたいに内臓がなくても元気な人は希望があって、縁起がいいから」と言われたのだとか。安藤は「全部物事は起こる。良いこともあると思って進んだらいい」と人生の極意を語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top