前園真聖、登山家・栗城史多さんと交わした“約束”果たせず涙   | RBB TODAY

前園真聖、登山家・栗城史多さんと交わした“約束”果たせず涙  

エンタメ その他

前園真聖【撮影:錦怜那】
  • 前園真聖【撮影:錦怜那】
 前園真聖が、27日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。登山家・栗城史多さんと生前交わした約束を語った。

 世界最高峰の山、エベレスト登頂に挑んでいた栗城さん。所属事務所によると死因は、標高7400メートルのキャンプ3から下山中の滑落死だったという。2012年には重度の凍傷による9本の指を失うも、その後も果敢にアタックしていた。

 2015年、前園は、自らのリクエストで栗城さんと雑誌で対談。その中で「栗城さんのゴールはどこか」と聞いた時、「ゴールは多分(自分が)死ぬときだ」と答えた言葉が印象的だったと振り返った。

 エベレストに、単独で、しかも酸素ボンベのない無酸素状態で挑戦していた栗城さん。前園は、「それをたくさんの方と、ネットでつないで共有して、いろんな方が応援してくださって…」などと話している途中、生前の栗城さんを思い出したのか時折目を潤ませた。

 また、その対談終わり、栗城さんは事前に、前園がスイーツ好きであることを調べていたようで、彼のためにプリンを用意してくれていたという。その後一緒に食べながら、前園は「エベレストの登頂が終わったら、僕の大好きなプリンを紹介します」と約束していたのだとか。だだ、それが最後の対面となってしまったことに後悔の念をにじませ、「登頂しなくても連絡して、一緒に会えれば良かったかなというのが心残り」と目に涙を浮かべながら話していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top