安田顕、榮倉奈々の死んだふりに振り回され......『妻ふり』場面写真が解禁 | RBB TODAY

安田顕、榮倉奈々の死んだふりに振り回され......『妻ふり』場面写真が解禁

エンタメ 映画・ドラマ

(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
 榮倉奈々&安田顕W主演映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日全国公開。このほど、妻の謎の“死んだふり”に振り回される夫・じゅん(安田)の場面写真が公開された。

 2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問。なんともミステリアスなその投稿はたちまち話題を呼び、今回実写映画化されることが決まった。同作で、不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻・ちえを演じるのは榮倉奈々。一方、超フツーで冷静なちえの夫・じゅん役は、安田顕が務める。コミカルな演技にも定評のある榮倉と安田が見せる化学反応、そして2人が演じるちえとじゅんの、ミスマッチなのに共感を生む新しい夫婦のカタチに期待がかかる。

 今回、公開された場面写真は、「なんで“死んだふり”なんてするの?」と悩む夫・じゅんの姿が。あるときは「よくできてるね~」と感心してみせたり、ジュリエットになって死んだふりをしているちえに十字架を握りしめロミオとなって全力でつきあってみるも、「身が持たない」とポロリ。次第に「言いたいことあるなら言ってよ・・・」と冷静さを失っていくじゅん。近所からも不審がられ、エスカレートする“死んだふり”に、「妻の気持ちがわからない!」 「家に帰るのがこわい・・・」と戸惑い、悩み、不安は募るばかり。

 ちえに真摯に向き合おうとするも、コミュニケーションの取り方がわからなくなるまで追いつめられるじゅん。会社の後輩・佐野(大谷亮平)に相談するが、「夫婦なんて結局は他人同士。どうやっても全部わかり合うことなんてできないんですよね」としみじみ言われてしまい、八方ふさがりの状況に陥る。「なんで“死んだふり”なんてするの?」。誰もがじゅんと同じ思いで感情移入し、いつの間にか夫婦のコミュニケーションについて考えてしまう、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top