倉科カナ、不思議な少年と出会う一人暮らしのOL役......『世にも奇妙な物語』 | RBB TODAY

倉科カナ、不思議な少年と出会う一人暮らしのOL役......『世にも奇妙な物語』

珠玉の短編ドラマがオムニバス形式で届けられる『世にも奇妙な物語』。5月12日よる9時から放送の『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ系列)に倉科カナが出演することが分かった。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 珠玉の短編ドラマがオムニバス形式で届けられる『世にも奇妙な物語』。5月12日よる9時から放送の『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ系列)に倉科カナが出演することが分かった。

 同番組では、三浦春馬主演のヒューマンSF作品「明日へのワープ」、白石麻衣(乃木坂46)主演のホラーサスペンス「フォロワー」に続き、今回、倉科はヒューマンドラマ「少年」での主演が決定。倉科は『世にも奇妙な物語』の膨大なエピソードの中でも名作の1つと称される「相席の恋人」(『世にも奇妙な物語2012秋の特別編』)で主演を務めて以来、2回目の出演となる。

 倉科の主演する「少年」は、上司に見合いを持ちかけられるも恋人がいるからと断ってきた一人暮らしのOL岡林遥(倉科カナ)が主人公。岡林は、とある交通事故を目撃してしまう。被害者は少年。病院で目を覚ました少年は「田山啓輔」と名乗るが、看護師が田山家に電話をかけると「啓輔は死にました」と告げられる。看護師がもう一度名前を尋ねると少年は「間違えました。亮太です」と答える。一方、家に帰った遥のもとには無言電話が…。そんなある日、遥が退社しようとすると会社の前に少年がいるのを見かける。

 別の日、ベランダから見下ろすと、そこに見上げている少年が…。さらに遥が買い物をしていると、雨の中、わざわざ少年が忘れ物を届けにやってきた。びしょ濡れの姿を見かね、少年を家に招き入れる遙。ところが彼女が目を離した隙に少年は彼女の私物を確認し始め...。

 倉科は、今作について「脚本を読ませていただいて、誰しも経験する事…苦しいけど乗り越えなければいけない事、でも自分ではその一歩が進めない…が描かれており、きっと見てくださる方も少し心が軽くなる作品になるんじゃないかなと、そのためには言葉だけではない、行間にあふれた思いをしっかり、そして大切にしたいと思いました」とコメントを残している。『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』は、フジテレビ系列で5月12日よる9時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top