イーサン・ハントの過去と因果?!『ミッション:インポッシブル』最新予告映像が解禁 | RBB TODAY

イーサン・ハントの過去と因果?!『ミッション:インポッシブル』最新予告映像が解禁

エンタメ 映画・ドラマ

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
 トム・クルーズが伝説的スパイ イーサン・ハントを演じる大人気スパイアクション映画『ミッション:インポッシブル』。その最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より日本公開となる。このほど、副題“フォールアウト”に隠された意味が明かされるオリジナルティーザー予告が解禁された。

 同作は、何者かに複数のプルトニウムが盗まれるところからはじまる。標的は3つの都市。イーサン・ハントと IMF チームは、その“同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。猶予は 72時間、だが手がかりは薄く、“名前しか分からない正体不明の敵”を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMF に立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑う CIA が送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。そして、いくつもの「フォールアウト(予期せぬ余波)」が絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかる。

 「お前はミッションから逃れられない。たとえ逃げられたとしても、お前が一番恐れる事が起きる。その手が血に染まるだろう。お前の善意がすべて仇となる」と、自身の過去が遠因となり不穏で不吉な運命が待ち受けていることを、仇敵ソロモン・レーンに告げられる場面ではじまる今回の映像。同作から参戦する新キャラクター、「スーパーマン」役で知られるCIAの敏腕エージェントのウォーカー(ヘンリー・カヴィル)と、CIA長官(アンジェラ・バセット)の2人から、盗まれたプルトニウム奪還のためIMFチームの全滅も意に介さない任務が命じられることになったIMFチーム。

 ベンジー(サイモン・ペッグ)、ルーサー(ヴィング・レイムス)といったIMFチームお馴染みの顔ぶれが集まる中、前作『ローグ・ネイション』で一躍大人気キャラとなったイルサ(レベッカ・ファーガソン)とイーサンが対立する驚きの展開になるほか、イーサンの妻・ジュリア(ミシェル・モナハン)が再登場するなど、注目シーンが多い。

 ”フォールアウト=放射性降下物/副産物/予期せぬ余波”という様々な意味を持つタイトルの意味と、同作で描かれるテーマが徐々に明かされていき、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが同作に繋がっていることが暗示されるなど、さらなるストーリーの拡がりにも注目の今作。映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より日本公開。

《Tsujimura》

関連ニュース

page top