哀川翔の娘・福地桃子がドラマ『あなたには帰る家がある』でカレーカフェの店員演じる | RBB TODAY

哀川翔の娘・福地桃子がドラマ『あなたには帰る家がある』でカレーカフェの店員演じる

哀川翔の娘で女優の福地桃子が、4月13日よる10時からスタートのドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系列)に出演することが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 哀川翔の娘で女優の福地桃子が、4月13日よる10時からスタートのドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系列)に出演することが分かった。

 同作は、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名の長編小説が原作。主演の中谷美紀をはじめ、玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江といったメインキャストによって“夫婦のあるある”がふんだんに盛り込まれたストーリーが展開される。

 福地は同作で、主人公・佐藤真弓(中谷美紀)とその夫・秀明(玉木宏)の共通の友人、三浦圭介(駿河太郎)が鎌倉で営むおしゃれカフェ「カレーショップこまち」の店員で、エスニックな装いを着こなす個性派の看板娘、池田こはるを演じる。こはるは、マスター圭介を助けてホールを明るく切り盛りしつつも、真弓や秀明の夫婦の成り行きにも興味津々の、今ドキ女子という役柄となっている。

 同作への出演について、福地は「こういった大人の恋愛を描いた作品に携わらせて頂くのが初めてなので、未知な部分が多く、参加できことに凄くわくわくしています」と喜びの心境をコメント。「こういう考え方もあるんだとか、自分にはない発想など、人の様々な部分をこの作品から学ぼう!と思いました」と作品に対する感想も語っている。ドラマ『あなたには帰る家がある』は4月13日よる10時よりTBS系列でスタート。
《KT》

関連ニュース

page top