古舘伊知郎、「有吉反省会」で致命的な禊!「最後までしゃべるな」と言われて悶々 | RBB TODAY

古舘伊知郎、「有吉反省会」で致命的な禊!「最後までしゃべるな」と言われて悶々

エンタメ その他

 24日放送の「有吉反省会2時間スペシャル」(日本テレビ系)に古舘伊知郎が出演。言い渡された禊(みそぎ)に対し悶々とする一幕があった。

 今回の彼の「反省」は、「飲食店を予約するとき、『司会の古舘伊知郎です』と名乗ってしまう」というもの。店に直前に入ろうとするとき、少し難しい予約でも空けてくれるのではという邪念から名乗ってしまうのだとか。

 そこで有吉弘行から言い渡された禊が、「この後の収録、しゃべっちゃダメ!」というもの。言われた古館は「当然の報いだと思います」と神妙そうにリアクションした。

 続いてやってきた反省人が、長野五輪スピードスケート金メダリスト・清水宏保。イメージチェンジとしてかけ始めたメガネが似合わないと不評なのにかけてしまうことを反省しに来たのだという。

 そんな中、先ほど古館に禊を言い渡したはずの有吉がド忘れ。「古館さんはメガネ、お似合いですもんねぇ」と振ったものの、無言のままモジモジしている古舘に、禊の真っ最中だということに「あっそっか!」と気がついた。

 だが古館は、依然、気まずそうな表情を浮かべているのみ。ノーアリクションだった彼に対し有吉は「(最初)機嫌悪いのかな?と思った」と笑いを誘ったが、それでも古館は、何も言えない歯がゆそうな表情を浮かべていた。

 博多大吉から「(古館さんには)いっぱいあるよメガネエピソード。70個くらいあるよ、聞きたいな」と言われても、禊を受けている古館は、最後まで苦渋の笑みをたたえていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top