伊藤ゆみ、『海月姫』に出演!瀬戸康史と美の頂上決戦が勃発!? | RBB TODAY

伊藤ゆみ、『海月姫』に出演!瀬戸康史と美の頂上決戦が勃発!?

エンタメ 映画・ドラマ

(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 芳根京子主演の月9ドラマ『海月姫』の7話より、アパレル業界の異端児としてアジアの各国に名をはせる実業家のカイ・フィッシュ(賀来賢人)の秘書・ファヨン役で、伊藤ゆみが出演することが決定した。

 同ドラマは人気漫画家の東村アキコによる、累計発行部数440万部超えを誇る大ヒット同名作が原作。「女の子は誰だってお姫様になれる」をテーマとした新感覚“シンデレラ・コメディー”だ。オタク女子・倉下月海(芳根京子)×女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)×童貞エリート・鯉淵修(工藤阿須加)というややこしい三角関係となり、それをきっかけに新しい自分、新しい生き方を見つけていく月海の姿が、ギャグを交えて描かれている。

 伊藤が演じるファヨンは、カイが誰よりも信頼をおく優秀な秘書。落ち着いた、はかなげな雰囲気を身にまとい、口数は少なく淡々と、しかしミス無く機敏に仕事をこなす。カイとは、幼い頃から恵まれない環境で共に育った幼なじみでもあり、カイの洋服に対する思いを知っているがゆえに、カイに対して仕事関係以上の気持ちを秘めているミステリアスビューティーだ。

 先般出演したドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』では、飛行機オタクという、もしかすると尼~ずと友達になれそうな(?)女性を演じたが、今回は一転、ミステリアスビューティーな秘書という、尼~ずとは絶対に相容れない役どころ。毎回、"女性以上に美しい"と話題の瀬戸演じる蔵之介と美の頂上決戦が勃発する。

 出演が決まった伊藤は、「お話をいただいた時は本当に喜びました。私自身が、くらげ好きということもあり、主人公の月海の気持ちに共感できるところも多く、毎週楽しく見させていただいています」と喜びのコメント。瀬戸演じる蔵之介との共演については「まずその美しさに驚きました。女性の私から見ても、女性でした!」と語り、視聴者に対しては、「ファヨンは7話からの登場なので、皆さんにどういう風に見ていただけるか正直、緊張もしますが、最終回に向けて、さまざまな人々の強い想いが感じられる展開になると思うので、楽しみにしていただけたらと思います」と呼びかけている。

 伊藤が新たに登場する月9ドラマ『海月姫』は、今夜9時よりフジテレビ系列にて放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top