宮地真緒、人妻の妄想爆発!エロ全開発言に赤面 | RBB TODAY

宮地真緒、人妻の妄想爆発!エロ全開発言に赤面

エンタメ その他

宮地真緒【撮影:椿山和雄】
  • 宮地真緒【撮影:椿山和雄】
 16日深夜に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で、女優・宮地真緒が禁断の妄想を爆発させた。

 去年11月、14年交際中の一般男性と結婚した宮地。今回は、人妻でありながら別の男性と恋に落ちてしまう「妄想恋愛」ドラマを自作自演した。

 朝、仕事に急いで行く途中、道の曲がり角でイケメンとぶつかった宮地。その場はお互い謝って去ったのだが、同じ財布を偶然持っていたため、ぶつかったときに入れ違いになってしまった。男性から「財布を届ける」と連絡があり、その夜に再会したのだが、実は履いているスニーカーも一緒だということが分かる。その後宮地は、夫に内緒で彼と食事に行くことに。

 後日、男性に連れてこられた場所はなんとマンション。宮地は動揺するが、そこはアクセサリーデザイナーをしている彼の工房だった。「家で旦那が待っているから」と帰ろうとすると、いきなり「好きです」と告白され、宮地のために作ったというピアスを渡される。

 宮地はピアスの意味として、「唯一、自分の体を貫通するものなんですよね。穴に刺す……。それが彼の行為だと思ったら、体の中をズンと突き抜ける感じ。彼の想いが入ってくる。感じるかな…」と答えると、スタジオメンバーはドン引き。「何言ってんの?」と総攻撃を受けていた。

 ドラマ自体は、ピアスを耳につけてもらったあと、2人がキスする寸前で終わりを迎えたが、自分の妄想がドラマになった宮地は、「パンツ丸出しで歩いている感じがしてすごい恥ずかしい」と赤面していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

page top