上白石萌音、10代最後のツアーで『君の名は。』主題歌など披露 | RBB TODAY

上白石萌音、10代最後のツアーで『君の名は。』主題歌など披露

エンタメ 音楽

上白石萌音、10代最後のツアーで『君の名は。』主題歌など披露
  • 上白石萌音、10代最後のツアーで『君の名は。』主題歌など披露
  • 上白石萌音、10代最後のツアーで『君の名は。』主題歌など披露
  • 上白石萌音、10代最後のツアーで『君の名は。』主題歌など披露
 今年7月にリリースした1stオリジナルアルバム『and…』を引っさげ上白石萌音がワンマンライブ LIVE TOUE 2017「and …」大阪公演をBIGCATにて実施した。

 上白石は今年、邦楽最大の野外ロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVVAL 2017 」 に初出演を果たし、年末の『COUNTDOWN JAPAN 17/18』にも出演が決定。女優としてもTBS日曜劇場『陸王』にも出演している。 満席の会場の中、ライブ前半では、秦基博プロデュース『告白』、プライベート でも親交のある藤原さくらとの共作『きみに』を熱唱し、また中盤ではタイムスリップコーナーと称して、松田聖子『赤いスイートピー』、山口百恵『秋桜』等名曲を歌いあげた。

 そして上白石自身も出演した大ヒット映画 『君の名は。』より、RADWIMPS の『なんでもないや(movie ver.)』を歌うと、「(本曲は)日々になくてはならない楽曲となりました。公開して から1年も経つのにこんなに愛していただき、作品に携われて、心から 嬉しかったです」とコメント。その後も、オリジナルアルバム『and…』から、『カセットテープ』、『Sunny』、『ストリートボード』等を披露。『カセットテープ』では、上白石本人がデザインしたタオルで会場の一体感を高めた。

 ライブの最後には、「物心がついた頃から歌がそばにあり、歌うことが 呼吸することと同じことでした。幼い頃は自分のための歌だったのが、 今は人に届けたいと思い、それはみなさんに教えてもらいました。み なさんがいるから歌い続けられます」とコメント。さらに、「『陸王』観てくれてますかー? ああいう子(茜役)がいると良いなぁと観ている方た ちから思ってくれると良いなと思っています!ここから涙ちょちょぎれるから! (笑)」と今後のドラマの展開を少し覗かせるコメントをし、また 12月16日公開『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』や来年2018年公開『ちはやふる―結び―』、そして年末の『COUNTDOWN JAPAN 17/18』出演も告知し、「これから女優として、歌手として、がんばります!」と今後の活動についての意気込みを語った。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top