『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』異例の“復習”上映決定!D・リドリーからメッセージも | RBB TODAY

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』異例の“復習”上映決定!D・リドリーからメッセージも

エンタメ 映画・ドラマ

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
先日、全世界で待望の本予告編が解禁され、大反響を呼んだ『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。その公開が待ち望まれる中、予告解禁後よりリクエストが殺到したことから、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の異例の大規模再上映が決定した。

全米興行収入ランキング歴代NO.1を記録し、日本でも社会現象級の大ヒットとなった前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。その後を描いた最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の本予告が、日本時間10月10日に全世界で解禁されるや、公開24時間で前作を上回る再生回数を記録。SNSでも作品に対する期待感はもちろん、ストーリー展開を予測する投稿が飛び交った。

その後、「もう一度大きなスクリーンで『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見たい!」という声が各地の劇場に寄せられ、ファンの熱いリクエストに応える形で11月11日(土)と12日(日)限定で復習上映が決定! 全国342館の劇場での“異例”の大規模公開となる。

さらには、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』本編上映後には、主人公レイを演じたデイジー・リドリーから日本のファンだけに向けた特別メッセージが上映されることも明らかに。そのメッセージは、今回の復習上映のみ、劇場でしか上映されない貴重な機会となっている。

都内のTOHOシネマズ六本木ヒルズ・古澤劇場支配人は、「『フォースの覚醒』の“復習上映”については多くのお客様からご要望を頂戴しておりました。もう一度、劇場のスクリーンで上映できる機会を設けられることに大きな喜びを感じております」と明かしつつ、「『最後のジェダイ』における“シリーズ史上最も衝撃的な真実”とは? 考えるだけでも興奮します。公開が待ちきれないところではありますが、その前に! 『フォースの覚醒』を観て、心の準備万端! 衝撃に備えましょう。May the Force be with you.」と興奮気味にコメント。

また、ウォルト・ディズニー・ジャパンでは、以前から再上映に関する問い合わせが多くあったことを語り、「何かしらの形でご期待にお応えできればと思っておりました。限られた期間ではございますが、全国の劇場様にご協力いただき、異例の大規模公開が実現致しました。是非、皆様お楽しみください」と期待を込めてコメントを寄せている。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』復習上映は11月11日(土)、12日(日)、全国342館の劇場にて両日1回のみの上映(2D字幕のみ)。

※劇場ごとの上映時間は各劇場にお問い合わせください。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top