木嶋ゆりがグラビアアイドルを卒業!百合沙に芸名を変更し、女優活動を本格化 | RBB TODAY

木嶋ゆりがグラビアアイドルを卒業!百合沙に芸名を変更し、女優活動を本格化

エンタメ その他

木嶋ゆりがグラビアアイドルを卒業!百合沙に芸名を変更し、女優活動を本格化
  • 木嶋ゆりがグラビアアイドルを卒業!百合沙に芸名を変更し、女優活動を本格化
  • 木嶋ゆりがグラビアアイドルを卒業!百合沙に芸名を変更し、女優活動を本格化
 グラビアや舞台で活躍中の木嶋ゆりが、百合沙(ゆりさ)として芸名を一本化。事務所を移籍し、本格的に女優として始動することが分かった。

 百合沙は2013年にスペイン系クォーターのグラビアアイドルとして注目を集め、DVD「はじめての旅行」でデビュー。その後、汐留グラビア甲子園2014にて審査員特別賞を受賞したほか、アリスインプロジェクトの舞台『戦国降臨ガール・ReBirth』に舞台初出演。2015年には週刊現代でグラビア「美少女・百合沙がいる街」シリーズが定期的に掲載されるなど、謎の美少女として話題になり、写真集を発表していた。

 現在、公開中の『蟲毒 ミートボールマシン』では、ヒロインに抜擢。同作品は、今年の3月にアメリカ、テキサス州で開催されたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)に正式出品、ワールドプレミアが行われるなど、観客から熱狂的な支持を集めたほか、7月には韓国の第21回プチョン国際ファンタスティック映画祭で行われたアジアプレミアで、百合沙がレッドカーペットに登場し、映画祭を盛り上げた。こうした女優活動を本格化することをうけ、このほど百合沙と芸名を一本化。事務所をアイエス・フィールドに移籍し、新たに活躍のフィールドを広げるという。

 百合沙は23日、新宿武蔵野館で行われた『蠱毒 ミートボールマシン』の舞台挨拶に登壇。今後の出演作として10月28日に公開される金子修介監督の新作『リンキング・ラブ』に出演することも明かされている。百合沙は「映画『蠱毒 ミートボールマシン』は、私がグラビアアイドルを卒業して女優になりたいと覚悟を決めて改名し、女優としての代表作を作らなければと意気込んでオーディションを受けた作品です。」とコメント。「苦難も多いと思いますが、自分で決めた女優人生を歩んで行きます。」と今後の意気込みも語っている。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top