ドラマCRISISが今夜ついに最終回!結城のテロ計画の裏に隠された真実とは? | RBB TODAY

ドラマCRISISが今夜ついに最終回!結城のテロ計画の裏に隠された真実とは?

エンタメ 映画・ドラマ

ドラマCRISISが今夜ついに最終回!結城のテロ計画の裏に隠された真実とは?
  • ドラマCRISISが今夜ついに最終回!結城のテロ計画の裏に隠された真実とは?
 4月から放送されているフジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』が今夜ついに最終回を迎える。

 同ドラマは、小栗旬・西島秀俊という豪華キャストの初共演に加え、格闘技「カリ・シラット」や軍隊格闘技に発展した近距離戦闘技術「クロス・クォーター・コンバット」といったハリウッド映画でも用いられている世界最先端のアクションが採用されているなど、規格外のアクションシーンも話題だ。

 稲見(小栗旬)の自衛隊時代の同期で、特殊部隊員の結城(金子ノブアキ)が隊を抜け出し、テロを企てていることが判明。大山(新木優子)が仕掛けたワナから結城の居場所を突き止め現地へ向かった稲見は自らの命と引き換えに結城を制止しようとするが、間一髪のところで田丸(西島秀俊)に助けられる。

 その後、特捜班のオフィスでは大山が入手した結城のパソコン内のデータから、あるものを発見。テロの動機解明につながるかもしれないと誰も思った矢先、吉永(田中哲司)の元に結城が総理大臣の岸部(竜雷太)を狙撃したとの情報が飛び込んでくる。早速、稲見は田丸と現場へ急行するが、現場の状況にはある違和感が。そして2人が結城の真の狙いに気付いた直後、特捜班は鍛治から直々に呼び出され、「新しい任務がある」と告げられて…。

 はたして、結城のテロ計画の裏に隠された真実とは一体何なのか。「この国の、未来のために」。規格外な敵を前に、稲見はどう立ち向かうのか。『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』最終回は今夜21時からフジテレビ系列にて放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top