NASAを陰で支えた女性たち『ドリーム 私たちのアポロ計画』ポスター公開 | RBB TODAY

NASAを陰で支えた女性たち『ドリーム 私たちのアポロ計画』ポスター公開

エンタメ 映画・ドラマ

『ドリーム:私たちのアポロ計画』 (C)2016Twentieth Century Fox
  • 『ドリーム:私たちのアポロ計画』 (C)2016Twentieth Century Fox
  • 『ドリーム:私たちのアポロ計画』 (C)2016Twentieth Century Fox
  • 『ドリーム:私たちのアポロ計画』 (C)2016Twentieth Century Fox
NASAを陰で支えた女性たちを描き、第89回アカデミー賞にて作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門ノミネートを果たした『ドリーム 私たちのアポロ計画』(原題:Hidden Figures)。その日本公開日が9月29日(金)に決定し、それぞれが宇宙と未来を見上げるかのようなポスタービジュアルがお披露目された。

NASAの宇宙開発に人知れず貢献した実在の黒人女性たちを描く本作は、昨年末に全米限定公開され、年明けから拡大公開を迎えると『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抜き去り全米映画興行ランキング1位を獲得。本年度の第89回アカデミー賞にノミネートされるとその勢いはさらに増し、公開から11週連続でのランキングTop10入り、あの『ラ・ラ・ランド』を上回る興行成績を記録した。

主人公キャサリンを演じるのは、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で第81回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、近年はTVシリーズ「Empire 成功の代償」での活躍が目覚ましいタラジ・P・ヘンソン。ドロシー役には『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』で第84回アカデミー賞助演女優賞を受賞したオクタヴィア・スペンサー、メアリー役には第89回アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』にも出演する個性派シンガーのジャネール・モネイ、さらに同作『ムーンライト』で見せた熱演により同・助演男優賞に輝いたことが記憶に新しいマハーシャラ・アリに、ケビン・コスナー、キルスティン・ダンスト、ジム・パーソンズといった実力と実績の確かな大スターたちが息の合った好演を見せている。

監督は、日本でもスマッシュヒットを記録した『ヴィンセントが教えてくれたこと』のセオドア・メルフィ。また、本作に深く共感した11度のグラミー賞に輝くミュージシャン、ファレル・ウィリアムスが劇中音楽を手がけ、製作にも名を連ねている。

このたび完成したポスターは、1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、NASAの“頭脳”=コンピューターとして最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン、ドロシー、メアリーが集結。「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に、自身の夢を重ねながら全身全霊を捧げた3人がまるで遥かなる宇宙を見上げているかのよう。それを支えるかのごとく並ぶ登場人物たちからも、確固たる意志と大いなる夢を感じさせる表情が印象的だ。

全米映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では驚異の93%フレッシュ(5月31日時点)という高評価を獲得している本作。ポスター上部には、映画評論家・町山智浩と脳科学者・茂木健一郎からの力強いコメントが寄せられており、彼女たちが性別や人種を超え、世代をも超えて大きな夢へと導いた実話が彼らの心を奮わせたことがうかがえる。

主演のタラジは、「いま、私たちは、ジョン・グレンが地球の周りを回った背景に素晴らしい女性たちがいたことを知っているわ。やっと、人々は彼女たちの話を知ることができるの。私も“フッド(低所得者層の地域) ”で育ったから、あったのは夢だけだった。キャサリンのような女性を演じるチャンスを持てただけで栄誉なことよ」と語り、本作への出演を誇りに感じていることを明言。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった、驚くべきこの3人の先駆者たちによる物語について強く共感した様子だ。

また、この物語の当事者であり、アカデミー賞授賞式にも登場して大きな話題をさらったキャサリン・G・ジョンソン本人は、98歳を迎えていまも健在で、本作について、「あきらめないで。どんな問題だろうと、解決できるから。女性には解決できる。それに男性にもできるわ、たくさん時間をあげればね」とコメント。自身の半生を描いたこの作品が、いままさにチャレンジや壁に直面している人々への大きなエールとなることに願いを込めている。

『ドリーム 私たちのアポロ計画』は9月29日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

宇宙開発史の陰にいた3人の女性たち『ドリーム』ポスター&公開日決定

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top