映画『3月のライオン』出演の神木隆之介・尾上寛之コンビが加藤一二三九段とガチ対局 | RBB TODAY

映画『3月のライオン』出演の神木隆之介・尾上寛之コンビが加藤一二三九段とガチ対局

エンタメ 映画・ドラマ

映画『3月のライオン』出演の神木隆之介・尾上寛之コンビが加藤一二三九段とガチ対局
  • 映画『3月のライオン』出演の神木隆之介・尾上寛之コンビが加藤一二三九段とガチ対局
  • 映画『3月のライオン』出演の神木隆之介・尾上寛之コンビが加藤一二三九段とガチ対局
 現在公開中の映画『3月のライオン』(前編)。後編は、4月22日に公開を控えているが、作中で名人戦と並び2大タイトルとして描かれる棋戦「獅子王戦」が、26日に1日限りのリアル対局として実現し、ニコニコ動画で生配信された。

 当日参加したのは、『3月のライオン』にゆかりのある宗谷名人のモデルともいわれる羽生善治三冠、この程引退が決まった加藤一二三九段、原作漫画と映画を将棋監修する先崎学九段、中学生プロ棋士の“リアル桐山零”こと藤井聡太四段といった現役棋士陣。一対二のエキシビション対局が特別企画として行われ、映画「3月のライオン」から、主演・桐山零役の神木隆之介、二海堂晴信役の染谷将太、松本一砂役の尾上寛之が参戦した。

 神木と尾上のコンビが対局したのは、なんと加藤一二三九段!ハンデとして加藤一二三九段は2枚落ち、神木・尾上コンビは3手ごとの交代制で、さらに解説者の佐藤天彦名人に3回アドバイスを聞くことが許される”作戦タイム”ありの特別ルールで実施。染谷は、大盤解説側として2人の応援に回った。

 プロ棋士との対局にガチガチの3人は、まずは羽生善治三冠とトーク。前編公開後の反響について神木は「友達からも見に行ったという連絡もきたし、地方での舞台挨拶でも温かく迎えてもらっています」と作品の広がりを実感。前編を鑑賞した羽生善治三冠は「動きの少ない将棋という題材を、監督、スタッフ、役者の方も入念に準備をされていて、将棋を研究して演じられていると感じた」と太鼓判を押した。また、神木が棋士役で苦労したことを「正座がキツかったです。慣れなくて」と打ち明けると、羽生善治三冠は「棋士もきついです(笑)」と意外な本音を明かし、「気合が入った時や“この一手”と言う時に佇まいを正して正座で指すことが多い。その後は胡坐になっていることもあるんですよ」と舞台裏を語る一幕もあった。

 そして加藤一二三九段との対局が近づくと、神木と尾上は「めちゃめちゃ緊張しています!」とガチガチ。羽生善治三冠から「(加藤一二三九段は)目の前にすると迫力があるけれど、映画で棋士として対局した時のようにぜひ立ち向かって。作戦タイムの3回目は最後に使った方がいい」とアドバイスを受けると、神木は「失礼のないように全力で精一杯やらせてもらいたい」、尾上も「こういう機会は今後絶対にないはず」と意気込んだ。

 そして始まったエキシビション対局だが、開始早々に作戦タイム発動。対局室から解説室までの移動も持ち時間をカウントされるため、神木と尾上は猛ダッシュ。佐藤天彦名人にアドバイスをもらってまたダッシュで対局室に戻るというやり取りに染谷は「走っているうちにアドバイスを忘れないことを祈ります」と苦笑い。ハンデがあるとはいえども加藤一二三九段の攻めの手はゆるまず、神木と尾上は「あ~」「ん~」と悶絶の表情を浮かべ、染谷は「こんな顔をしている二人を見たことがない。顔の汗が凄い。スポーツをしているみたい。口から魂が抜けだしていそう」と窮地に楽しそう。

 最後は、加藤一二三九段の強烈な攻めによって「まいりました」で神木と尾上コンビが完敗。その後は別室で感想戦に移る予定だったが、その場で加藤一二三九段による将棋レクチャーがスタート。「将棋は駒がぶつかったら取った方がいい」などと始まり、佐藤天彦名人も「難しい話になっていますね」「終わらないんじゃないか?」と心配するほどだった。それでも加藤一二三九段からは「お二人ともよく粘って頑張った。受けはなかなかよろしい」との太鼓判。対局を終えた神木は「勉強させていただきました」と最敬礼で、尾上も「緊張し過ぎて何を考えているのかわからないくらい頭が真っ白だった」と頭をポリポリ。ニコニコ動画の視聴者からは「至福の時間だな」「普通に考えたら凄い経験」と健闘を称えるコメントが相次いでいた。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top