ナチス・ドイツ最重要人物拘束の裏側描く!映画『アイヒマンを追え!』著名人コメント公開 | RBB TODAY

ナチス・ドイツ最重要人物拘束の裏側描く!映画『アイヒマンを追え!』著名人コメント公開

 1月7日、『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』が公開される。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2015 zero one film / TERZ Film
  • (c)2015 zero one film / TERZ Film
 1月7日、『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』が公開される。

 同映画はドイツ映画賞で作品賞、監督賞、脚本賞など6冠に輝いたほか、世界中の映画祭を席巻。長い間封印されていたナチス・ドイツ最重要人物アドルフ・アイヒマン拘束に関わる極秘作戦をサスペンスフルに描いている。

 舞台は1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。

 今回この映画に対して田原総一朗、久米宏ら著名人がコメントしている。田原総一朗は「ドイツ政府がアイヒマンをつかまえない深刻な理由」。久米宏は「ドイツは、敗戦後、ナチの犯罪を直ちに認め、深く反省したのか。実は、そうではなかったのだ。それには、長い時間が必要だった。これは普遍的なテーマだと、映画を見終わって気が付くことになる。人間も国家も複雑系なのだ」とコメントしている。


《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top