スマホで植物を育てる、世界初の“IoT植木鉢”「planty」登場 | RBB TODAY

スマホで植物を育てる、世界初の“IoT植木鉢”「planty」登場

IT・デジタル ハードウェア

“IoT植木鉢”「planty」の利用イメージ
  • “IoT植木鉢”「planty」の利用イメージ
  • “IoT植木鉢”「planty」
  • アプリ画面(英語版。日本語版は開発中)
  • “IoT植木鉢”「planty」スぺック
  • “IoT植木鉢”「planty」の構造
 スマート家電から始まって、玩具や乗物、さらにはゴミ箱や傘立てまでに広がっているIoT製品だが、なんと世界初の“IoT植木鉢”が登場した。

 「planty」は、今何が植物にとって必要かを通知してくれる、世界初のスマートプランター(植木鉢)だ。韓国のスタートアップn.thing社が開発した製品で、本体に埋め込まれたセンサーが「土壌湿度」「室温」「周辺光」「タンクの水量」を測定し、スマートフォン経由で通知してくれるという。

 たとえば外出中に植物の水が不足していたら、ボタン一つで水やりを行うことも可能となっている。アプリでは、植物の選択も可能で、それに応じたアドバイスが受けられる。

 「planty」は、ハンズエイド イノベ部がクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」で販売するもので、日本先行予約(クラウドファンディング)を行っているところだ。早期予約で、現在は12,000円で購入が可能だ(予定小売価格19,800円より40%オフ)。先行予約期間は8月8日まで。

 プレゼントにもよさそうなこの品。ガーデニングライフにも、いよいよITの波が寄せてきたようだ。


《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top