ドコモが夏モデル全7機種を発表! Xperia X PerformanceやGalaxy S7 edgeなど投入 | RBB TODAY

ドコモが夏モデル全7機種を発表! Xperia X PerformanceやGalaxy S7 edgeなど投入

IT・デジタル モバイル

ドコモが夏モデル全7機種を発表
  • ドコモが夏モデル全7機種を発表
  • ドコモが16年夏モデルのスマホ・タブレットを発表
  • Xperia X Performance/SO-04H
  • Galaxy S7 edge/SC-02H
  • AQUOS ZETA/SH-04H
  • arrows SV/F-03H
  • arrows Tab/F-04H
  • Disney Mobile on Dodoma/DM-02H
 NTTドコモは11日、2016年夏モデルのスマホ・タブレット新製品を発表。5月中旬から順次、サムスンの「Galaxy S7 edge」やソニーモバイルの「Xperia X Performance」などAndroid 6.0搭載モデルを投入する。

 ラインナップの内訳はスマートフォンが5機種、タブレットが1機種。フラグシップクラスからミドルレンジまで幅広く揃えた。このほかにポケットWi-Fiルーター1製品が加わる。

 新端末の発表と同時に、VoLTEによる音声通話やスマホのジェスチャー操作に関する新サービスも発表されている。LTEの高速通信を活かした高音質な通話サービスVoLTEには、より音声品質を高めた「VoLTE HD+」が登場する。LTE-Advancedの技術を応用したキャリアアグリゲーションにより通信の高速化を実現するドコモの「プレミアム4G」サービスは、その最大速度がこれまでの300Mpbsから375Mbpsに加速する。また、スマホの簡単操作をサポートする「タップレス操作」を新たに提案。それぞれの新しい技術をとサービスは、今回発表される16年夏モデルの一部から搭載が始まる。

 それでは今回、ドコモが発表した新端末の7機種の概要をみていこう。

■Xperia X Performance/SO-04H

 ソニーモバイル製の最新端末。スペイン・バルセロナにて今年の2月に開催されたMWC 2016でソニーが発表したXperiaの最新モデルが日本に上陸した格好だ。すでに国内のキャリアではソフトバンクが本製品の取り扱いを明らかにしているが、ドコモも同じく4色のカラバリを6月中旬に発売する。

 従来のXperiaシリーズと大きく異なるのはボディのメイン素材にアルミを使った点だ。ホワイトとグラファイトブラックの2色はヘアライン処理、ライムゴールドとローズゴールドはマットな仕上がりとして、それぞれに高級感をもたせている。先に発表されたグローバルモデルと違い、国内モデルは背面パネルの下側にアンテナ感度を確保するため樹脂製のパーツを採用した。

 ディスプレイのサイズは約5.0インチ。解像度はフルHD。CPUにはクアルコムのクアッドコア64bit対応SoC「Snapdragon 820」を採用。メインメモリーは3GB、内蔵ストレージ容量は32GB。本体側面の電源ボタンには、Xperia Z5シリーズと同様に指紋認証センサーをつけている。

 イヤホンジャックからのハイレゾ再生やデジタルノイズキャンセリング機能への対応など、オーディオ系の機能はXperia Zシリーズと同様に充実させた。またカメラ機能についてもクイック起動の設定を変更することで、スリープ状態からシャッターボタンを押せば約0.6秒でカメラ機能の起動、写真撮影まで素早く行える。その速度感はXperia Z2の約2倍に及ぶ。オートフォーカスは先読みオートフォーカス機能を加えて、被写体の動きを予測しながら正確なフォーカス合わせを可能にした。センサーの解像度はメインカメラが23MP、インカメラが13.2MP。従来のXperiaシリーズよりもインカメラの機能を大幅に向上した。

 内蔵バッテリーの容量は2570mAh。スマホでは初めてとなる、Qnovo社のバッテリー制御技術を採用したことにより、バッテリーモジュールの寿命が従来の約2倍に伸びているという。

 同機はVoLTE HD+や最大速度375MbpsのPREMIUM 4Gサービスをカバーしている。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top