ディカプリオ、オスカー受賞作「レヴェナント」を語った特別映像 | RBB TODAY

ディカプリオ、オスカー受賞作「レヴェナント」を語った特別映像

エンタメ 映画・ドラマ

監督とレオナルド・ディカプリオ(C)2016 Twentieth Century Fox
  • 監督とレオナルド・ディカプリオ(C)2016 Twentieth Century Fox
  • 「レヴェナント:蘇えりし者」(C)2016 Twentieth Century Fox
  • 「レヴェナント:蘇えりし者」(C)2016 Twentieth Century Fox
 俳優として5度目のノミネートで悲願のアカデミー賞主演男優賞を獲得したレオナルド・ディカプリオが、受賞作「レヴェナント:蘇えりし者」について語った特別映像が公開された。

 同作でディカプリオは、狩猟中に瀕死の重傷を負った上、仲間に息子を殺されてしまったハンターのヒュー・グラスを熱演。復讐を果たすため荒野を旅するグラスについてディカプリオは、「彼は一生分の感情を経験する」と話す。

 映像では同作で65年ぶり史上3人目となる2年連続アカデミー賞監督賞を受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥと、史上初の3年連続アカデミー賞撮影賞受賞という快挙を達成したエマニュエル・ルベツキも熱い想いを懐述している。

 監督は、極寒の地で自然光のみを使った9ヵ月間の撮影を振り返り、「グラスの身に起きた悲劇を壮大なスケールで描くと同時に彼の精神を映し出している」「父と息子の愛を最も丁寧に描いた。本作の核となるからだ」とコメント。また撮影監督は「地形もキャラクターを知る大切な要素だ。外界での旅だけでなく心の変化も表している」と明かした。映像の最後では、かつてない圧倒的なスケールで描かれた同作についてディカプリオが「全く新しい感覚だ。あまりの臨場感に息をのむだろう」と語っている。

 「レヴェナント:蘇えりし者」は4月22日に全国ロードショー。

《木村》

関連ニュース

特集

page top