NTT西日本と大和ハウス工業、IoTアイデアコンテストを開催 | RBB TODAY

NTT西日本と大和ハウス工業、IoTアイデアコンテストを開催

 西日本電信電話(NTT西日本)と大和ハウス工業は24日、ビジネスアイデアコンテスト「House de Hack! - IoTで暮らしを変える、ビジネスアイデアコンテスト -」の共催を発表。応募受付を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「House de Hack!」特設サイト(イメージ)
  • 「House de Hack!」特設サイト(イメージ)
  • 「House de Hack!」開催概要
 西日本電信電話(NTT西日本)と大和ハウス工業は24日、ビジネスアイデアコンテスト「House de Hack! - IoTで暮らしを変える、ビジネスアイデアコンテスト -」の共催を発表。応募受付を開始した。

 「House de Hack!」は、「ICTや生活支援ロボットを活用し、日常生活のなかでの困りごとを解決する」をテーマに、新たな生活スタイルを開発・発信するためのコンテスト。参加者はビジネスプラン(事業計画書)を作成することで参加できる。優秀なアイデアには賞金を贈呈するとともに、NTT西日本と大和ハウス工業による事業化が予定されている。

 なお、同コンテストでは、NTT研究所ならびに大和ハウス工業総合技術研究所による体験デモを実施し、斬新なアイデア想起を行える環境を用意するという。

 アイデアは、「住居」「職場・学校」「外出先」「通院・介護」での事業化の実現性が高いもの。応募期間は2016年1月15日まで。その後、チームビルディング・一次選考を来年1月24日に実施、最終選考・表彰式を2月7日に大和ハウス工業大阪本社で実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top