ソフトバンク、「ハイスピードIGZO」搭載「AQUOS Xx2」を20日に発売 | RBB TODAY

ソフトバンク、「ハイスピードIGZO」搭載「AQUOS Xx2」を20日に発売

IT・デジタル モバイル

ハイスピードIGZOと高速オートフォーカスを搭載した「AQUOS Xx2」
  • ハイスピードIGZOと高速オートフォーカスを搭載した「AQUOS Xx2」
  • 背面カメラには位相差式とコントラスト式を組み合わせたハイブリッド式のオートフォーカスを搭載
 ソフトバンクは、冬春モデルで発表したAndroidスマートフォン「AQUOS Xx2」(シャープ製)を11日20日に発売すると発表した。5.3型で「ハイスピードIGZO」ディスプレイを搭載する。オンラインショップでの一括購入価格は93,120円、月月割適用でMNPは実質0円、新規契約/機種変更で42,720円(いずれも税込)となる。

 「ハイスピードIGZO」は、従来の2倍という120Hz(1秒間に120回の更新)で駆動するIGZO液晶。レスポンスがよくなることで残像感が少ないくっきりした映像を再生でき、スクロール時の文字や画像のチラつきを抑える。

 仕様は、ディスプレイが5.3インチフルHD(1,920×1,080ピクセル)、OSはAndroid 5.1、プロセッサはオクタコアのMSM8992(1.8GHz×4+1.4GHz×4)、メモリ3GB、ストレージは32GB。リコーの画質認証プログラム「GR certified」を取得した1300万画素背面カメラ、広角レンズを採用した800万画素の前面カメラを備える。エモパーもバージョンアップしている。

 LTE/AXGP/3G(W-CDMA)に対応し、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1をサポート。IP5、8/IP5Xの防水・防塵、ワンセグ/フルセグ、指紋認証、VoLTE、おサイフケータイといった機能を装備する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top