紀里谷監督最新作『ラスト・ナイツ』は女性向き? ホラン千秋「これほどドキドキできる映画はない」 | RBB TODAY

紀里谷監督最新作『ラスト・ナイツ』は女性向き? ホラン千秋「これほどドキドキできる映画はない」

エンタメ 映画・ドラマ

紀里谷和明監督/『ラスト・ナイツ』女性限定試写会
  • 紀里谷和明監督/『ラスト・ナイツ』女性限定試写会
  • ホラン千秋、紀里谷和明監督、大和悠河/『ラスト・ナイツ』女性限定試写会
  • ホラン千秋/『ラスト・ナイツ』女性限定試写会
  • 大和悠河/『ラスト・ナイツ』女性限定試写会
  • ホラン千秋、紀里谷和明監督、大和悠河/『ラスト・ナイツ』女性限定試写会
  • 大和悠河/『ラスト・ナイツ』女性限定試写会
紀里谷和明監督の最新作『ラスト・ナイツ』の女性限定試写会が11月5日(木)、都内で行われ、紀里谷監督をはじめ、大和悠河とホラン千秋が出席。女性陣の絶賛コメントに、紀里谷監督は「本当にうれしい。映画は自分の子どものようなもの」と喜びをかみしめた。

紀里谷監督が初のハリウッド進出作として、「忠臣蔵」を題材に5年の歳月をかけて完成させた本作。架空の封建国家で、反逆罪に問われた師匠を自らの手で斬首した主人公が、忠誠を誓った主君の仇を討ち、堕落した権力者に反旗を翻す騎士道ファンタジー。クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンら豪華なキャストが、日本人の心に宿る忠誠心、名誉、正義、尊厳といったテーマを体現する。

「自分では意識していなかったが、試写を始めると女性から褒めていただくことが多い」と少し意外そうに語る紀里谷監督。一方、大和さんは「映画の至るところに、サムライ精神があふれている。外見はもちろん、ここまで内面がカッコいい男性はなかなかいない」、ホランさんは「心が癒され、目の保養にもなる。女性がこれほどドキドキできる映画はそうないはず」と女性目線で絶賛していた。

大和さんといえば、王子役や騎士(ナイト)役として、多くの男役を演じてきた元宝塚歌劇団宙組トップスター。「以前は男性の演出家さんが『これが男の友情なんだ』と言っていても、よく理解できなかったけど、この映画を見ると、男性同士の熱い魂のつながりを知ることができる」と独自の視点で、魅力を語った。

これにはホランさんも、「こんなにも相手を裏切らず、見返りも求めず、忠誠心を守る男性がいるなんてステキ」と乙女のまなざし。「さまざまな文化や人種が入りまじっているのに、違和感なくスッと世界観に入り込めるのは、すばらしい脚本と監督の演出があるからこそ」とうっとりしていた。

そんな女性陣の発言に、「今日は(女性から支持される)ナゾが解けました」と納得顔の紀里谷監督。「大切なのはモノじゃなく、形にできないもの。言ってしまえば、愛を描いた映画。これからも人種や国籍、洋画や邦画といった、いろいろな“くくり”を取り払い、いい作品を世界中に送り届けていきたい」と国際的に活躍する映像クリエーターとしての決意を新たにしていた。

『ラスト・ナイツ』は11月14日(土)、TOHOシネマズスカラ座ほか全国にて公開。

紀里谷和明監督「映画は自分の子」 最新作『ラスト・ナイツ』実は女性向き?

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top