誤送信を防ぐ「上長承認機能」、企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP」に追加 | RBB TODAY

誤送信を防ぐ「上長承認機能」、企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP」に追加

 日本ワムネットは18日、企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP」をアップデートし、セキュアなファイル送信・共有を行える「上長承認機能」を拡張したことを発表した。重要データの流出を未然に防ぐ様々な業務フローに対応する。

エンタープライズ セキュリティ
設定の一例として、複数の承認階層を作ることで、チェック体制の多重化して情報流出に繋がるメールの誤送信を抑制できる(画像はプレスリリースより)
  • 設定の一例として、複数の承認階層を作ることで、チェック体制の多重化して情報流出に繋がるメールの誤送信を抑制できる(画像はプレスリリースより)
  • クラウド共有での利用イメージ。メールと同様に承認階層を多重化することで不用意なアップロードを事前に抑止することが可能(画像はプレスリリースより)
 日本ワムネットは18日、企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP」をアップデートし、セキュアなファイル送信・共有を行える「上長承認機能」を拡張したことを発表した。重要データの流出を未然に防ぐさまざまな業務フローに対応する。

 企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP」は、企業間での大容量ファイル送受信、クラウド共有などを安全に行うツールとして、1GB/10アカウントで月額12,000円から使用できるサービスとなっている。

 今回、アップデートにより上長承認機能が拡張され、ファイルの送信及び共有時に、設定された複数の承認者による多階層の承認フローを簡単に構築することが可能となった。これにより利用者と上長(承認者)の二重チェックによって、ファイル誤送信を未然に防ぐ事を可能としている。

 また、承認権限を持つ上長が不在の時には、代理承認者を設定したり、承認階層が上位にある上長の承認があれば下位の承認階層の人の承認がなくても送信&アップロードできるなど、業務が滞りなく運用できる設定にすることも可能だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top