「デスクトップ版でもクラウドと同じ機能を提供する」……弥生会計にも新機能が続々と搭載か | RBB TODAY

「デスクトップ版でもクラウドと同じ機能を提供する」……弥生会計にも新機能が続々と搭載か

ブロードバンド その他

代表取締役の岡本浩一郎氏
  • 代表取締役の岡本浩一郎氏
  • 「弥生会計 オンライン」の基本機能。取引情報の入力と集計、決算までが一通り行える
 弥生は7日、都内で記者発表会を開催し、法人向けクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」の提供を同日から開始すると発表した。

 会場では記者発表会の後、質疑応答が開かれ、代表取締役の岡本浩一郎氏からサービスについて、より詳細な説明が行われた。

--- デスクトップからの乗り換え需要はどのぐらい見込んでいるのか? また、その場合のデータ移行がどうなるか教えてほしい。

「デスクトップからの移行はなくはないと思いますが、それほどの数はないと考えています。『やよいの青色申告 オンライン』のときで、元々デスクトップ版を利用していたというユーザーは約1割しかいませんでした。弥生ドライブやYAYOI SMART CONNECTを利用することで、デスクトップユーザーもクラウドの利便性が得られるので、ほとんどはデスクトップ版を利用し続けるのではないでしょうか。なお、データについてはデスクトップ版からエクスポートして、クラウド版にインポートできます」

--- キャンペーンのインパクトはあると思うが、本来の価格はやや高めな設定だ。競争力はあると考えているのか?

「我々はプライスリーダーであろうとは考えていません。どこよりも高い価値を提供して、それに見合った価格を提案したい。これまでのデスクトップアプリの価格を見ても、十分に妥当な価格帯だと考えています」

--- 発表の中で今年12月にスマホアプリを出すとあったが、これは弥生と提携先、どちらが出すのか?

「弥生会計 オンラインは将来の大黒柱になる存在なので、スマホアプリにも自社製が必要だと考えています。ただ、他社のものを排除したいとは思っていません。オープンイノベーションは今後も追及していくつもりで、弥生と連携するウェブアプリケーションも促進していきたい」
《丸田》

関連ニュース

特集

page top