気象庁の火山カメラがとらえた浅間山の最新画像 | RBB TODAY

気象庁の火山カメラがとらえた浅間山の最新画像

エンタープライズ その他

気象庁Webサイト内にある「火山カメラ画像」で見られる「浅間山(鬼押出)」カメラの16日14時台の映像(画像は気象庁Webサイトより)
  • 気象庁Webサイト内にある「火山カメラ画像」で見られる「浅間山(鬼押出)」カメラの16日14時台の映像(画像は気象庁Webサイトより)
  • 気象庁Webサイト内にある「火山カメラ画像」で見られる「浅間山(追分)」カメラの16日14時台の映像(画像は気象庁Webサイトより)
 11日に警戒レベルが1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げられた浅間山だが、16日、気象庁の発表によると山頂火口でごく小規模な噴火が発生したと思われる降灰が浅間山の北側約4kmにある鬼押出しで確認された。

 確認されたのは、16日9時30分頃で、降灰は微量だった。山頂火口付近は視界不良のため、噴煙の確認などは行われていないが、浅間山では4月下旬から体に感じない火山性地震がたびたび発生していた。浅間山の噴火は、2009年5月27日以来となる。

 気象庁がWebサイトで公開している浅間山の2か所(追分・鬼押)の観測カメラの最新の映像を見ると、気象庁の発表の通り、雲や霧による視界不良により噴煙などの確認はできなかった。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top