さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉へ「バンドやれば?」と勧誘 | RBB TODAY

さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉へ「バンドやれば?」と勧誘

エンタメ 映画・ドラマ

さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!
  • さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!
  • 菅田将暉
  • さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!
  • さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!
  • さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!
  • さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!
  • さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!
  • 菅田将暉
さだまさしの自伝的青春小説を実写化したNHKドラマ「ちゃんぽん食べたか」の試写会が5月21日(木)に行われ、さださんに加え、主演の菅田将暉、共演の本郷奏多、間宮祥太朗、泉澤祐希、森川葵がそろって上映後の会見に出席した。

70年代安保闘争で世間が騒乱に包まれている中、長崎の親元を離れて東京で下宿生活を送っていたバイオリンの“元”天才少年が挫折を経験しつつ、それでも音楽への思いを断ち切れずに、やがて仲間たちと共に「グレープ」を結成し歩み始めていくさまを描き出す。ちなみにタイトルは「食べたか?」という疑問形ではなく「食べたい」という意味の長崎ことば。

さださんにとっては、父親の姿を通じて少年時代を描いた「かすていら」に続くNHKドラマとなり、本作は「かすていら」の続編的な意味合いを含んでいるという。ドラマを見て「うまいなと思ったのは、『かすていら』のシーンをそのまま使っている小狡さ(笑)」と笑いを誘いつつ「菅田くんの作品はこのドラマ以前から見ていて、優秀な俳優だと認識していました。素晴らしい次世代を背負う若い人たちが出ているのが嬉しい」と俳優陣に称賛を送る。

菅田さんは「こんなに毎日発表会のような現場はない! バイオリンにギターの弾き語りに落語をやって方言もある」と苦労を明かしつつも「楽しいです」と笑顔を見せる。「うちのオヤジはさださんに憧れて耳コピして弾いてた世代で、オヤジがさださんの曲を弾き語りする姿を見てきた」と語り、その青春時代を演じることに感慨深げだった。

共演の本郷さん、間宮さん、泉澤さんもギター演奏を含め、仲間とのシーンを楽しんだよう。さださんは「ジャニーズ的に売れるんじゃない? バンドやれば?」と菅田さんらを音楽の世界に勧誘していた。

森川さんは「『弾いて』と言うと、みんながギターを弾いて歌ってくれて、青春! って感じでした」とニッコリ。70年代の空気について「教室のシーンではみんな7:3分けで眉毛が濃くて、ずっと見ているとみんな同じ顔に見えてきました(笑)」と述懐。さださんは「あの頃は、男は硬派じゃなきゃいけなくて、眉毛をいじったり、にきびを気にしたりなんてありえなかった。本当は軟派なんだけど(苦笑)」としみじみと当時を思い出していた。

「ちゃんぽん食べたか」は5月30日(土)より放送開始(全9回/よる10時~)。

さだまさし、若き日の自身を演じる菅田将暉にバンドデビューのススメ!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top