「人とくるまのテクノロジー展」で技術トレンドを知る | RBB TODAY

「人とくるまのテクノロジー展」で技術トレンドを知る

エンタープライズ その他

人とくるまのテクノロジー展
  • 人とくるまのテクノロジー展
  • 昨年の様子
  • 昨年の様子
 22日、自動車技術会は「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2015」の開催概要を発表した。会場は神奈川県横浜市のパシフィコ横浜、5月20日から22日までの期間で開催となる。

 今年の開催規模は、538社の出展を予定しており昨年の491社を上回る規模とされている。来場者数は80,000人を見込んでいる。今年は、公道での試乗体験にトヨタの水素による燃料電池車両の「MIRAI」も加わり、セミナー、特別講演にも水素エネルギーに関するセッションが目立つ。

 水素エネルギーについては、インフラ整備も含め国をあげての取り組みが期待されている分野である。また、各国でゼロ・エミッションの政策が進む中、自動車業界においてはハイブリッド車からEV、FCVへの転換が求められている。同展示会には、全国から独自技術を持つ製造業、素材メーカー、部品メーカー、機械メーカーが集まり、新製品の展示や最新技術の発表が行われる。

今年は水素関連技術に注目――「人とくるまのテクノロジー展」開催概要発表

《HANJO HANJO編集部》

関連ニュース

特集

page top