ハイビジョンみまもりシステムをデモ展示…DXアンテナ | RBB TODAY

ハイビジョンみまもりシステムをデモ展示…DXアンテナ

ブロードバンド セキュリティ

DXアンテナブースの「ハイビジョンみまもりシステム」のデモ展示。実際の撮影映像が流されていた
  • DXアンテナブースの「ハイビジョンみまもりシステム」のデモ展示。実際の撮影映像が流されていた
  • 新製品のフルHD防水カメラ「SMS20CW1」。バレット型のカメラで赤外線LEDを搭載して屋外設置に対応
  • フルHDドームカメラ「SMS20CD1」も新製品。屋内設置用だが赤外線LEDを搭載しており薄暗い場所でも撮影可能だ
  • 夜間など防犯カメラの映像をより鮮明に撮影したい場合に重宝する補助光(LEDセンサーライト)もラインナップ
 東京ビッグサイトで17・18日に開催された「ジャンボびっくり見本市」で、大手アンテナメーカーのDXアンテナは、通信・セキュリティ分野ブランド「DXデルカテック」からハイビジョンみまもりシステムを出展した。

 ハイビジョンみまもりシステムは、アンテナメーカーである同社の特性を活かし、同軸ケーブルを使ったシステム構成を組めるのが大きな特徴。LAN工事やネットワークのセットアップを行うことなく、高画質の映像監視システムを構築することができる。HD-SDIというと、データの伝送距離が短い(本製品は150m)ことが、施工時のネックとなるが、SDI中継器を1つ使うごとに、150m延長可能で最大で450mまで伝送距離を伸ばせる。また、一般家庭に設置する場合なら、ドライブユニットや映像録画用のHDレコーダーからHDMIケーブルでテレビへの接続が可能で、別途モニターを買う必要がない。

 ドライブユニットは4チャンネル対応のものをラインナップし、小規模店舗など業務用途での運用も可能。カメラに関しては、従来品のボックス型HD-SDIカメラ「DSC10S1」に加えて、3月末に発売されたフルHD防水カメラ「SMS20CW1」とフルHDドームカメラ「SMS20CD1」もラインナップ。新製品の2機種は、いずれも赤外線LEDを搭載しているので夜間撮影にも対応している。

 他にも防犯カメラの補助光としても使えるLEDセンサーライトも展示されていた。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top