Google検索、「モバイル フレンドリー アップデート」を実施 | RBB TODAY

Google検索、「モバイル フレンドリー アップデート」を実施

ブロードバンド テクノロジー

モバイル フレンドリーでないページ(左)とモバイル フレンドリーなページ(右)の表示イメージ例
  • モバイル フレンドリーでないページ(左)とモバイル フレンドリーなページ(右)の表示イメージ例
  • 「モバイル フレンドリー テスト」のチェック結果の例
 米Googleは21日、「モバイル フレンドリー アップデート」を全世界規模で実施した。

 米Googleは今年2月、キーワード検索の結果表示の見直しを発表。「モバイル対応をちゃんと行っているページ(モバイル フレンドリーなページ)について、検索結果の順位を引き上げる」という方針を打ち出していた。モバイル フレンドリーなページとは、「スマートフォンなどの画面サイズでテキストが読みやすい」「タップする画面アイテムの間隔が適切」「再生できないコンテンツが含まれていない」「横スクロールが発生しない」といった特徴を持っている。

 本日の「モバイル フレンドリー アップデート」により、モバイル版の検索結果では、モバイル フレンドリーなページの掲載順が上昇するようになった模様。これにより、モバイルユーザーは、小さな画面でも見やすいページを、より発見しやすくなる見込みだ。ただし、クオリティの高いコンテンツであれば、モバイル フレンドリーでなくても、高い順位に掲載される可能性もあるという。

 影響は、モバイル版の検索結果のみ影響し、ウェブサイト全体ではなく、個々のページが対象となるとのこと。サイトがモバイル フレンドリーかどうかは、「モバイル フレンドリー テスト」やウェブマスター ツールの「モバイル ユーザビリティ レポート」などで確認可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top