王貞治氏が「ナボナ名誉大使」に 亀屋万年堂・自由が丘総本店リニューアル | RBB TODAY

王貞治氏が「ナボナ名誉大使」に 亀屋万年堂・自由が丘総本店リニューアル

エンタープライズ 企業

14日の会見に出席した引地大介社長と王貞治氏(左から)
  • 14日の会見に出席した引地大介社長と王貞治氏(左から)
  • リニューアルオープンした亀屋万年堂・自由が丘総本店
  • リニューアルにあたり併設した和風喫茶・亀屋万年堂茶房
  • 亀屋万年堂茶房で談笑する王貞治氏
  • 亀屋万年堂茶房のランチメニュー
  • 亀屋万年堂茶房のグラスデザート・ナボルチェ
  • 亀屋万年堂の主力商品「ナボナ」
  • 総本店限定商品「プレミアムナボナ」と「自由が丘15時」
 和菓子専門店の亀屋万年堂が、東京・自由が丘総本店において、和風喫茶・亀屋万年堂茶房を併設するなど、創業100周年に向けたリニューアルを行った。

 14日に行われた記者会見で、引地大介社長は、「自分たちが持っている強みを徹底的に洗練させ、改めてブランドを現代風にブラッシュアップするよう取り組んだ。総本店は、今後のブランドイメージの象徴となるものにしていきたい」とリニューアルについて説明。新たに併設された亀屋万年堂茶房では、あんみつやしることいった甘味を提供するほか、主力商品である「ナボナ」をアレンジしたデザート、ランチメニューも楽しむことができる。

 また、会見では、“ナボナはお菓子のホームラン王です”というキャッチフレーズで、同社のテレビCMに出演している元プロ野球選手の王貞治氏も出席。ナボナ名誉大使に就任した王氏は、12月に当選者が発表されるナボナ大使一般公募について、「多くの人に“大使”という肩書きを持ってもらい、1人でも多くの人にナボナを味わって頂きたい。名誉大使として、輪を広げることに力を注いでいきたい」とアピールした。

 自由が丘総本店では、このたびのリニューアルにあたり、限定商品「プレミアムナボナ」、紅茶ブランド・ルシピアと共同開発したオリジナルブレンド紅茶「自由が丘15時」を発売している。
《渡邊晃子》

関連ニュース

特集

page top