2015年の新入社員、初任給は「自分へのご褒美」が最多 | RBB TODAY

2015年の新入社員、初任給は「自分へのご褒美」が最多

エンタメ 調査

初任給の使い途(全体)
  • 初任給の使い途(全体)
  • 初任給の使い途(男女別)
  • 将来の不安(全体)
  • 将来の不安(男女別)
  • 平均希望年収と平均貯蓄額
 2015年4月、新卒入社したフレッシュな社会人が溢れる季節となった。彼ら「2015年4月新入社員」が、初任給や将来について、どのように考えているのか、レシート人力入力代行型の無料家計簿アプリ「Dr.Wallet」を運営するBearTailが、調査を実施した。

 この調査は3月30日~31日に行われたもので、2015年4月新卒入社の社員530名(男性260人、女性270人)から回答を得ている。それによると、「初任給の使い道」では、「自分の欲しいものを買う」29.1%がもっとも高く、「家族へのプレゼントや食事をご馳走する」17.7%、「貯金」17.0%を大きく上回った。男女別で見ると、「家族へのプレゼントや食事をご馳走する」が男性13.1%に対し、女性22.2%と、約9ポイントもの差が出ている。

 一方で「将来の不安」について聞いたところ、トップ3は「仕事」37.5%、「貯蓄」32.1%、「結婚」29.4%がほぼ並ぶ形。女性は、「貯蓄」36.3%、「結婚」34.1%、「生活・収入」31.9%がいずれも30%を超え、約10ポイント男性より高い数値となった。

 なお、将来の希望年収については、平均「774万円」。貯金額は平均「1412万円」となった。男性の希望年収は879万円、女性は669万円になっており、男女で差が見られた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top