【SS2015速報リポート007】オプテックスが霧・もやに特化した画像鮮明化装置を出展 | RBB TODAY

【SS2015速報リポート007】オプテックスが霧・もやに特化した画像鮮明化装置を出展

エンタープライズ セキュリティ

実演映像では濃霧で視界が悪い風景などをリアルタイムに鮮明化して比較できた。人物など動きがある部分でも不自然な補正にならず鮮明に見える。
  • 実演映像では濃霧で視界が悪い風景などをリアルタイムに鮮明化して比較できた。人物など動きがある部分でも不自然な補正にならず鮮明に見える。
  • 空港や河川、海上、山などの自然環境が厳しい条件での使用を想定。霧・もやに特化したことで操作不要だが、調整機能を持つ上位モデルも用意される。
 セキュリティショー2015にて、オプテックスはグループ会社ジーニックによる画像鮮明化装置の新製品「FORTEVISION FOGFINE(フォルテビジョン・フォグファイン)」を展示・実演した。「霧」と「もや」の除去に特化した画像鮮明化装置で、監視カメラでは通常対応できない、自然環境が厳しい条件での運用に最適としている。

 このシステムは監視カメラ映像をソフトで補正するのではなく、HDMI出力された映像をハードウェアで鮮明化しているのが特徴。DVRなどとの間に設置することで、鮮明化した画像を記録することができる。

 7月頃の発売を予定しており、想定売価は50万円となる見込みだ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top