岡田准一、阿部寛、尾野真千子が“山岳小説の最高峰”に挑む! | RBB TODAY

岡田准一、阿部寛、尾野真千子が“山岳小説の最高峰”に挑む!

エンタメ 映画・ドラマ

『エヴェレスト 神々の山嶺』へ出演が決まった阿部寛と尾野真千子
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』へ出演が決まった阿部寛と尾野真千子
  • 原作「神々の山嶺」書影
 夢枕獏の原作で、“山岳小説の最高峰”ともいわれる『神々の山嶺』が、岡田准一、阿部寛、尾野真千子で映画化される。タイトルは、『エヴェレスト 神々の山嶺(かみがみのいただき)』。日本が誇る旬の実力派の3人が、演技で“山岳小説の最高峰”への登頂に挑む。

 『神々の山嶺』は、世界最高峰の山に魅せられた2人の男と、その男たちを待つ1人の女性の物語。彼らの交錯する人生を軸に、厳しい山嶺に命を懸けて挑む人々の姿と強い想いを壮大なスケールで描く。また、実際にエヴェレスト登頂に挑みながらも行方不明となったイギリス人登山家ジョージ・マロニーと彼が持っていたであろうカメラも登場し、「エヴェレスト初登頂に絡む最大の謎」もストーリーの鍵となっている。

 すでに映画の撮影準備は始まっており、3月からネパールほか、実際にエヴェレスト現地で撮影が開始される予定。全体で約4か月の撮影期間の中で、各キャストも高度順応しながら高度6000m付近で撮影を行うことになっている。実際のキャストがエヴェレストで撮影を実施するのは、日本映画史上初めてとなる。

 キャスティング決定に際し、岡田は、「原作の『神々の山嶺』は大好きな作品で、実際のエヴェレストでも撮影できるということを今から楽しみにしている。過酷な撮影を楽しみ、しっかり体験していきたい」と抱負を述べている。阿部は、「映像化が難しいと言われている原作の映画化。実際に高所での撮影を敢行し、できる限りリアルを追及するこの作品に参加できて嬉しい」と実力派のベテランらしいコメントを寄せている。尾野は、「あの山に登る意味がある作品にしたい。なぜ登るのか、自分自身にも問いかけながらこの作品に臨もうと思う」と、作品の世界観をふまえて語っている。

 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』は、2016年に全国で公開される。
《》

関連ニュース

特集

page top