スマホの画面をテレビに表示……HDMI端子の小型スティック型レシーバー | RBB TODAY

スマホの画面をテレビに表示……HDMI端子の小型スティック型レシーバー

IT・デジタル 周辺機器

小型スティック型レシーバー「ScreenBeam Mini2」は2月25日発売、価格は8,780円前後
  • 小型スティック型レシーバー「ScreenBeam Mini2」は2月25日発売、価格は8,780円前後
 Actiontec Electronicsは9日、テレビのHDMI端子に接続してスマートフォンやタブレットの画面を表示できるスティック型Miracast/WiDi対応レシーバ「ScreenBeam Mini2」を発表した。発売は25日、予想実売価格は8,780円前後。コジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラで取り扱う。

 「ScreenBeam Mini2」は、テレビのHDMI端子に挿すだけで、モバイル機器の画面をフルHDテレビにワイヤレス表示する小型スティック型のワイヤレスディスプレイレシーバー。IEEE 802.11 a/b/g/nのWi-Fiのほか、モバイル機器とレシーバー間は1対1でつながるアドホック接続(有効距離約10メートル)も可能で、Wi-Fiのない環境でも利用できる。言語設定、画面サイズ、壁紙変更、ファームウエアアップデートが簡単に行える無料アプリが用意される。

 対応機種は、Windows 8.1以降のOSを搭載したPCやタブレット、Intel WiDi ver4以降が動作するWindows 7/8搭載PC、Android 4.2以降搭載端末。iOS端末には非対応。最大表示解像度は1080p(フルHD)。本体サイズは幅29.5mm×高さ98mm×奥行12mm、重量は39.5g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top