クラウド型の遠隔モニタリング 「mydlink」が国内でサービスを開始 | RBB TODAY

クラウド型の遠隔モニタリング 「mydlink」が国内でサービスを開始

エンタープライズ セキュリティ

カメラは3機種とも10倍デジタルズーム、1/4インチ1メガピクセルCMOSセンサを搭載。0ルクス環境での赤外線撮影が可能(画像は同社webより)。
  • カメラは3機種とも10倍デジタルズーム、1/4インチ1メガピクセルCMOSセンサを搭載。0ルクス環境での赤外線撮影が可能(画像は同社webより)。
 ディーリンクジャパンはクラウドを介した遠隔モニタリングサービス「mydlink」の国内提供を開始し、対応する製品としてネットワークカメラ3機種とネットワークビデオレコーダ1機種の販売を1月30日から開始した。

 「mydlink」は遠隔地に設置されたネットワークカメラをモニタリング可能なクラウドサービスで、サービス開始は2010年。海外では300万ユーザーが利用しており、カメラの電源を入れ、インターネットに接続するだけで手軽にセットアップできるのが特徴だ。

 製品構成と価格は以下の通り。
・「DCS-6004L」29,800円 屋外利用を想定したドーム型カメラ
・「DCS-7010L」39,800円 PoE対応、IP67防水対応のミニバレット型カメラ
・「DCS-5222L」39,800円 パン&チルト可能な無線LAN対応ネットワークカメラ
・「DNR-312L」39800円 9ch同時録画対応ネットワークビデオレコーダー(HDD別売)

 主に店舗、マンション、小規模法人などでの利用を想定している。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top