富士通、メール暗号化と誤送信防止のソリューションを提供開始 | RBB TODAY

富士通、メール暗号化と誤送信防止のソリューションを提供開始

エンタープライズ セキュリティ

送信側がOutlookでファイルを添付したメールを送信する際に送信確認画面が起動、自動的に検出した送信リスクが送信者に通知される(画像はプレスリリースより)
  • 送信側がOutlookでファイルを添付したメールを送信する際に送信確認画面が起動、自動的に検出した送信リスクが送信者に通知される(画像はプレスリリースより)
  • 暗号化された添付ファイルはhttps経由でアップロードされ、受信側にはダウンロード用URLの記載されたメールが届く。別途復元用のパスワードがメールで送付される(画像はプレスリリースより)
 富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は27日、電子メールと同様の操作でファイル送信を実現するソリューションの販売を開始した。

 富士通FIPの暗号化ファイル伝送ツール「Confidential Posting」と、富士通SSLのメール誤送信防止製品「SHieldMailChecker 誤送信防止」を連携したものとなっている。

 メールを送信する際、宛先などに基づき、送信リスクを自動検出して利用者に通知し、再確認を促すことで誤送信対策を行う。送信リスクを通知する確認画面で「添付ファイルを暗号化する」のチェックボックスを選択するだけで、添付ファイルのみを自動的に分離して暗号化し、安全に送信する仕組みとなる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top