サイバーセキュリティクラウドがAWS上にセキュリティサービスを提供開始 | RBB TODAY

サイバーセキュリティクラウドがAWS上にセキュリティサービスを提供開始

ブロードバンド セキュリティ

従来のサーバインストールタイプと比べると、導入が容易なことと、ライセンス形態の違いが大きな特徴となっている(画像はリリースより)
  • 従来のサーバインストールタイプと比べると、導入が容易なことと、ライセンス形態の違いが大きな特徴となっている(画像はリリースより)
  • 「誰でも遮断くんを利用している企業のオリジナルSaaS型WAF提供イメージ(画像はリリースより)
 サイバーセキュリティクラウドは、クラウド型のWAF(Webアプリケーションファイヤウォール)「攻撃遮断くんWEBセキュリティタイプ」のシステムをAWS(Amazon Web Service)上で動作する形態で2月2日より公開する。製品名称は「誰でも遮断くんAMI」となる。

 AWSユーザーであれば誰でもワンクリックで導入でき、利用するには別途ライセンスキーを購入する仕組みだ。
初期費用は無料、月額費用は4万円となっている。

 「誰でも遮断くんAMI」は、AWS上で「攻撃遮断くん」を構築する仮想リバースプロキシのシステムで、SQLインジェクション/クロスサイトスクリプティング/ディレクトリトラバーサルなど、各種不正攻撃を検知・防御する。

 オープンセキュリティプラットフォームとなっており、自社でクラウド型WAFを導入・開発したい企業や、第三者へのサービスの販売をしたい企業に最適としている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top